私が今日、「私自身に行ったメンタルセッション」について

明日は、久しぶりに「経絡(けいらく)タッピング」のセッションを行うので、やり方を確認するために、以下のセッション用紙をガイドにして、自分自身にメンタルセッションを行いました。

page001_convert_20180326084329.jpg

私が現在感じている問題としては、「安倍政権の暴政に対するイラダチとその奥で感じる未来への不安と恐怖」、そして最近、「施術が充分ではなく失敗したと感じたこと」「その後にやってくる自分へのイラダチ、未完成感」「人の期待に応えられず、役に立てない自分」などを問題として設定しました。

上記のうちで三つの問題は、自分ではない他者の問題が絡んでいるため、それをコントロールすることはできません。そのことはわかってはいるのですが、「制御できないものを、制御しようとしている」自分がいました。

そこで、「他の人がどのように感じるかはコントロールできない、バランス調整できるのは、自分自身のことだけである」という原則に従い、セッションを進めることにしました。

テーマ全体に関するストレスの度合いとして、NEC(ネガティブ・エモーショナル・チャージ:否定的な感情の蓄積量)は「∞(数えられないストレス)」で、PEC(肯定的な感情の蓄積量)は「10%」でした。

そこでまずは、経絡タッピングの基本的な手順である「よくなることへの無意識的抵抗」を取り去るために、空手チョップポイント(感情線があるあたりの小指側)を両手で叩きながら、次のようなアファメーション(肯定的な宣言)を行いました。

「私にはどうしようもないことがあるけれども、心から私自身のすべての問題と短所を受け入れます」と。

次に個別にSUD(ストレスの度合いを10が最高、0がまったくない状態というスケールではかる方法)をとりました。

「安倍政権」→10 「施術」→5 
「自分へのイラダチ」→10 
「人の期待に応えられない」→10

次に「予備テスト」と呼ばれる筋肉反射テストを正確に行える状態にするための方法を行いました。

この時、「ポラリティ(極性の)テスト」を行ったところ、「心理的逆転」と呼ばれる、「よくなることに身体がノーといい、悪くなることにイエス」という無意識の逆転現象がありました。ぞくに「不幸好きパターン」と呼ばれています(笑)。

そこで、その解放のための手順として鎖骨の少し下と乳首の間にあるポイントをマッサージしながら、上記のアファメーションを行いました。

そのあと、督脈(とくみゃく:尾骨から背骨の中央を走り、上唇のところに終わる気の流れ道)を調整しました。この時、通常の調整(督脈の流れをよくするために空間をなでることで整える)方法にプラスして、硬さや痛みがあるポイントを下方向に流すように実際に触れるようにして行いました。督脈の調整は、通常の方法では完全に調整できないことが多いのですが、新しい方法ではすぐに通りがよくなった感じがしました。

そのあと、「脱水症状」も出ていたので「水」を飲みました。

経絡タッピングの柱となる基本調整は、EFT(エモーショナル・フリーダム・テクニック:感情解放技術)で良い、と身体が教えてくれたので、上記の問題を個別に解放していきました。この方法は、顔と身体と手にあるツボを特定の順番に刺激していく方法です。

その間、「つらい、苦しい、無力だ、どうしようもない、私にはわからない、もう立てない、努力することに疲れた」という思いが続々と出てきたので、その一つ一つを感じながら、経絡タッピング調整を行い続けました。

すべてのSUDが「1」まで落ちたところで、年齢遡行(ねんれいそこう)と呼ばれる問題と関係する年齢を特定しました。私の今の問題と関係している歳は「37歳」でした。この時、私が現在行っている「エッセンシャルプロセス1」セミナーができた歳だったことを思い出し、その時のことを振り返りました。

(補足訂正:文章を読み直していて、私がセミナーを開催したのは正確には「46歳」の時でした。かなり無意識でさばを読んでいるなぁ~と自分の投稿を読み直していて気がつきました(汗)。ただ、その時の勘違いや思い出した記憶が何であれ、実際の解放は問題なく行えます。重要なことは、その時に思い出した記憶が今現在につながっていることなので、その時に思い出させれた内容の正確さは関係なく解放は行えます。セッションにおける最終的な確認は、筋肉反射が教えてくれることを基準にし、「NECが0%/PECが100%」になることで、一つの区切りをつけることができるからです。)

そして、「その時も完成とはいえないけれども、その時なりに自分が学んできたもののすべてを出し切った」ことを思い出しました。

私の解放としては、「定められた基準」と呼ばれる解放法が出てきました。それは「人が私を評価する時のストレス(∞)」「私が人を評価する時のストレス(60%)「私が私を評価する時のストレス(∞)」と出ました。

この中の最優先として「私が私を評価する時のストレス(∞)」に焦点をしぼり、解放を行いました。

その時に感じ、作りあげていた私のコア(核となる)テーマとしては、「私はちゃんとできなければならない」「私は徐々に完全にならなければならない」という思いが出てきました。

これを経絡タッピングしながら解放し、充分に解放できたところで、最初に作ったアファメーションを行いました。

次に「未来順行」と呼ばれる、未来のある時を設定し、「その時の自分は上記のようなストレスを感じた時に、どのような自分でいたいのか?」を想像する解放を行いました。

このとき、私は自分の「完全でなければならない」という強迫観念的な「感覚・知覚・過去の記憶庫・情動・感情・思考・行動」を、私というバスに乗車している人に喩えました。そして、その一人ひとりと向き合うとき、批判せず、各パートの欲求を認め、ちゃんと相談しながら、取り決めを行う」というイメージを行いました。

そこで体がフッと軽くなりました。
また新たに、「アレクサンダーテクニーク」という本を最近読み、身体に染みついた古いパターンを取りのぞき、頭と身体に余裕をもたせシャープにする動きである「頭を前、上にし、首をゆるめ、背中が広がる」という意識をもちながら、姿勢を整え、立ち上がるようにしました。

そのようにして、自分の心身のストレスを解放しました。

私自身、知らない間に、どうしようもなくなっていた状態に気づくことができたことと、久しぶりに行うセッションに自信がもてない、と感じていたこともなくなり、穏やかな気持ちになれました。

とても長文になりましたが、ここまで読んでくださり、ありがとうございました^^
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あきやんでぇ~す♪

Author:あきやんでぇ~す♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2ブックマーク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1497位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
整体・カイロプラクティック
48位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1497位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
整体・カイロプラクティック
48位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
FC2チャット
Twitter...A

Twitter < > Reload

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR