FC2ブログ

私自身がキネシオロジーを学んでよかったこと-3

bag-gypsofilia-seeds-1716747_640_convert_20170228080739.jpg

前回は、スリーインワン(3in1)・キネシオロジーの特徴について簡単に説明しました。今日は、その後、カイロプラクティックの臨床面で、キネシオロジーをどのように活用しているかについて書こうと思います。

さて、とうとつですが、キネシオロジーという学問体系には、少し不思議な面があります。

具体的には、前回ご紹介した3in1キネシオロジーには、『振る舞いのバロメーター』というものがあるのですが、このチャートの情報について、ファシリテーター(促進者・クライアントの身体に問いかける側)が記憶していなかったり、クライアント側が知らなかったとしても、その情報を取得することができることです。

キネシオロジーを学ぶと、「身体は何でも知っている」という前提を習いますが、実際にその情報を知らなくても機能するという面で、身体は心理学者のカール・グスタフ・ユングが提唱した「集合的無意識」とつながっているからかもしれません。これはあくまで仮説の領域を出ていませんが・・・

もちろん、そのような情報に触れるためには、「身体と対話するために筋肉反射技術を学ぶ」必要性があります。情報があったとしても、それが何のために、そしてどのように使うのかを理解し、正確に取り出す方法を知らなければ、情報として知ることもできません。

そのような意味では、筋肉反射によって出てくる「筋力」の強弱反応の意味を知り、身体にたずねる側が、何を質問しようとしているのかについて、質問の意図を明確にする必要があります。

具体的には、さいしょにクライアントさんの両手をもって身体にたずねていくとき、「イエス(はい)の反応は何ですか?」「ノー(いいえ)の反応は何ですか?」というクローズド・クエスチョン(はいか、いいえの範囲で答えられる質問の)形式で、身体に語りかけていきます。

2009_0311治療院写真0028_convert_20170215211734


また、答えが複数ある場合は、情報に特定の番号をつけて、筋肉が弱くなる反応、あるいは強くなる反応のどちらかによって回答を得るような方法で、身体がその時々で求めている情報を取ります。

EP1セッションの手順1_convert_20170228083720

臨床のなかで私がよく行っている方法としては、「どの背骨を調整する必要があるのか」を身体に直接たずねる場合、最初に、クライアントさんはうつぶせになり、片方の膝45度くらい曲げた状態で、完全に力を抜いてもらいます。次に術者である私は、膝を曲げた側の足首を軽くにぎり、この状態で「イエスの反応は何ですか?」とたずねます。このとき、ゆっくりとお尻の方向に軽く押すことになりますが、ちょうど車のハンドルのあそびと同じくらいの状態で、筋肉が押せない状態にロック(止まり)します。

さらに「ノーの反応は何ですか?」とたずねます。先ほどと同じように、ゆっくりとお尻の方向に軽く押すと、筋肉はロックがはずれ、お尻の方向へいくらでも押せるようになります。

身体・筋肉に対して、言葉によってたずねることで、筋力に「強い反応」と「弱い反応」があらわれたなら、身体はイエスかノーという反応をちゃんと示してくれていることがわかります。このように、最初に問いかけ方を設定することによって、身体に対する質問法をマスターしていくことになります。

たとえば、私が「どの背骨を調整する必要があるのか」を調べるとします。背骨の腰椎(ようつい)を調べる場合、腰椎は5つの骨があり、まず「調整する必要のある腰椎が何番であるか?」を次にたずねていきます。

最初に、筋力が強い状態であるイエスの反応を確認したあと、「腰椎1、2、3、4、5」と一つひとつの腰椎の番号を言葉に出していきます(心のなかでたずねても反応は得られます)。そうすることで、問題のある腰椎や調整する必要のある腰椎があれば、足首を握ったほうの脚の筋肉のロックが外れる=筋肉が弱くなり、お尻のほうに押せる反応が起こります。

そのようにして「ロックが外れる、筋肉が弱くなる反応」がある腰椎を見つけたなら、今度はどの方向に、どれくらい調整刺激を入れるかについてもたずねることができます。たとえば、「右から左、左から右、上から下、下から上」をたずね、刺激回数をたずねることもできます。

カイロプラクティックの分野から生まれたアプライド・キネシオロジーでは、最初のころ、筋力テストあるいは筋肉反射テストは言葉を使わずに行なわれてきました。具体的には、最初に強い筋肉(大腿部にあるハムストリング筋など)を見つけておき、反対側の手で背骨に母指、または人差し指と中指をあてていき、一つ一つの背骨に対して、筋力(筋肉反射)テストを行い、筋力が弱くなった背骨を調整する方法がとられます。

これはキネシオロジーという学問体系において、患部に触れたり、何らかのストレスがあると、正常な筋肉が弱くなる現象を活用して、各人の問題を身体にたずねる基礎的な検査法になっています。

さらにそこから、筋力を回復させる何らかの刺激が、調整法として考えられるようになりました。上記の例では、術者が問題のある背骨に対して、色々な方向に持続的に押し、その状態を保持して(持続チャレンジの場合)、筋肉が強くなる方向を探していき矯正を行うという方法です。

この方法は、「私自身がキネシオロジーを学んでよかったこと-1」のなかで、キネシオロジーを使いこなせていなかった時、患者さんの脚がつってしまい、私が使いこなせていなかった方法として紹介しました。

現在の言葉を使って身体に語りかける3in1方式と、筋力をまったく使わず、完全に脱力した状態で、筋肉反射の情報をとっていく方法が、私独自の筋肉反射のやり方です。この方法を使うことで、筋肉反射テストを活用するとき、クライアントさんの身体や筋肉にまったく負担をかけることなく、身体からの情報を得ることができるようになりました。

この技術は、当院のオプショナル・セミナーである「ボディランゲージ・リーディング1(経絡編)」と「ボディランゲージ・リーディング2(チャクラ編)」で学ぶことができます。年間セミナーの前に、こちらのセミナーを受けられると、筋肉反射テクニックの概要を知ることができるので、お勧めです♪

ボディランゲージ・リーディングⅠの具体的な内容について

ボディランゲージ・リーディングⅡの具体的な内容♪

岩倉カイロプラクティック院-セミナー情報 

よだんですが、ウェルネス・キネシオロジーという流派で紹介されている「バイオキネティック・エクササイズ」という方法があります。この方法は、キネシオロジーで、患部を特定した後、障害が起こっている「筋肉、腱(けん)、靱帯(じんたい)、筋膜(きんまく)」という組織のなかで、どの組織が痛んでいるかを見極め、調整することができるようになっています。この方法については、エッセンシャル・プロセス1と2のセミナーでは伝えていなかったので、今まで当院のセミナーを受けてくださった方たちに対して、勉強会・練習会という形でシェアしていこうと考えています。この方法を憶えるだけも、身体の問題に対して、多角的にアプローチできるようになります。

思いつくまま、ダラダラと書いてきましたので、ここでまとめます。

◎キネシオロジーでは、意識のさまざまな領域-顕在意識-潜在意識-身体意識、カール・ユングによる集合的無意識-などにアクセスし、各個人の身体というデバイス(装置)の反射を通して、各人の信念に関する情報、さらには信念体系を超えた情報などにも触れられる可能性がある。

◎意識の領域に関する内容は、いまだ仮説ではあるが、筋力のストレスによる弱化、バランス調整技術によって筋力が回復することによって、心身が適切なエネルギー状態に変化したことは、実際に確認できる特質がある。

◎キネシオロジーの初期では、主に身体に触れることによって患部の検査が行われていたが、現在では、言葉によっても身体の筋力が変化することが証明されるようになり、積極的に活用されるようになってきた。

以上です。引き続き、私の経験の中から思いつくままに、キネシオロジーを学んでよかったこと、できるようになったことなどについて書こうと思います。それでは、また♪

*************************

「岩倉カイロプラクティック院」では、身体のゆがみや苦痛(首・肩の痛みやこり、四十肩、腱鞘炎、腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、膝関節痛、足首の痛みなどの関節痛、etc)を抱えられていて困っている方に対して、さまざまな方法を駆使して、施術を行っています。

また精神的な問題や精神感情的なストレスの解放を行っています。ご興味のある方は、「岩倉カイロプラクティック院のHP」をご覧ください。セミナー情報のページは「セミナー情報」をご覧ください。

FC2ブログ内の「セミナー情報」については「エッセンシャル・プロセス1」「エッセンシャル・プロセス2」をご覧ください。

院長 志村明則  愛知県岩倉市中本町西出64-7
電話 0587-37-3996

スポンサーサイト



プロフィール

あきやんでぇ~す♪

Author:あきやんでぇ~す♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2ブックマーク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
967位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
整体・カイロプラクティック
29位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
967位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
整体・カイロプラクティック
29位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
FC2チャット
Twitter...A

Twitter < > Reload

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR