FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「地図は土地そのものではない」

プライマリとセカンダリー・エクスペリエンス_convert_20130430155725


 「地図は土地そのものではない」・・・

 一見すると、この言葉が意味することを、人は簡単に理解できると思います。

 しかしながら、私たちがこの現実世界を認知-認識し、そこで知覚された神経-脳内情報が、まさに上述した地図という言葉が示すような形で、表象-記憶されているという考え方は、日本ではまだあまり知られていないようです。

 実際、私自身もNLPの文献を色々と読み、この言葉が象徴する、私たちが現実だと考え-信じている-主観的な世界を構築する表層-深層構造の仕組みを学ぶまで、ほとんど考えたこともなかった考え方でした。

 上記の言葉は、NLPの創始者たちに多大な影響を与えたアルフレッド・コージブスキーという方が、1933年に「科学と正気」という本のなかで書かれたものだということです。

 具体的にこの地図と土地という言葉が何を意味するかといいますと・・・

 私たち人は、外的世界つまり「土地」から、五感によって神経-脳へと感覚情報が送られたとき、そこにある世界についての“ある意味”を知覚し認識するわけですが、そのような神経系によって集められた情報が、言語と結びつき、意味づけられ、知識となり、理解される前に、脳の中で外的世界の「似姿」あるいは「地図」として組織化された状態で、記憶庫に保存されているということです。

 このような概念が、すでに1933年に発表されていたとは驚きです。

 今日は、その概念についてまとめた内容をシェアしたいと思います♪

 
スポンサーサイト
プロフィール

あきやんでぇ~す♪

Author:あきやんでぇ~す♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2ブックマーク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
整体・カイロプラクティック
43位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
整体・カイロプラクティック
43位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
FC2チャット
Twitter...A

Twitter < > Reload

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。