FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

間違ってもオッケーなんです♪

 私の中でいつも感じることなのですが・・・

 私はよく間違います(笑)

 でも、それを恐れていません

 ↑ ちょっとは反省しろよ、オレ(爆)

 それにね~
 
 間違うこと=悪いこと → でもないし

 私の場合、ほんと間違いだらけの人生でして
 ほんといつも間が抜けてるし、
 あまりにアホな自分を見て爆笑してしまいます♪

 でも間違うことで、体験が増え、

 本当に自分がしたかったことが

 どんどんクリアになってきます♪

 よく「失敗は成功の元」といいますが、
 本当に、この言葉は的を射た言葉だと私は思っています♪

ある意味で、自分のことを誤解して、本来の自己をわからなくしているから、人はいつも疑問を感じ、答えを求めるのかもしれません。

********************************

 ところで、私はかなり強情なところがあります。

 このような自分がいるときは、「幸せである」ことより、「正しいとか間違っている」に焦点があっているのはわかっているのですが、あいかわらず、いまだ自我のワナに嵌るパターンがありますね~(笑)

 でも、そのような体験を通して気づかされることや学びも多いので、これもまた貴重な体験だと感じています。

 そして、そのような体験から生まれた葛藤が解消されない場合、自分自身が今まで学び実践してきたことのすべてを活用することにしています。その方法は一時的に役に立つときもあるし、役に立たないこともあります。

 最近では、「奇跡のコース」が私自身をリードしてくれているので、とても楽です。Jのコースは、迷いの中に戻らず、いつも私に進む道を教えてくれているようです。

 最近よく彼に導かれてみつめていることとしては、
 自分とか、人とかについて考えているなら
 その一切は、
 自我が見せる映画のシーンに囚われている自分だということです。

 そのすべては自我という分離状態を維持するための錯覚であり、自我による真実を隠すための防衛手段・・・

 だからこそ、そのような状態を、自分でそれをなんとかしようとするのではなく、それを越えた存在にただ手渡すことをしています。

 自我の映画に嵌りこんでいる自分だけで
 そこから抜け出すことは、
 自我による感情的なリアクションの影響があまりにも強すぎるので、
 そこから離れて見つめることが難しいと言えます。

 あと、私自身がとても大切にしていることとして、
 何が「本質的な自己であるか」を見極めることです。
 本質的な自己に関するメッセージや気づきは、
 目に見えるモノ・身体からやってくるモノではありません。

 身体やそれに基づく信じ込みからの情報は、相対性の中-変化の中にあるため、そのすべてがあてにならないからです。

 体験にしてもそうです。体験はつねに時間差があり、それ自体は過去の知覚に反応した結果でしかありません。知覚というモノはそのような機能しかもっていないのです。だから、今見ていると信じてるモノは、あまりあてにならない性質があります。

 それに基づいて判断していることのすべては錯覚であり、状況のなかで誰かや何かとひとつである、あるいは全身全霊で愛している(ひとつである)瞬間以外は、信頼することはできません。
 
 しかし、逆説的ではありますが、体験を通してしか理解できない状態があるのも事実です。
 それは常識的-科学的-あるいは意識的な体験を越えた体験というものもあり、そこに触れた人は、たぶんこの世界で、その体験以上の至福感を得ることはできないと思います。

 それは時間と空間の制約を超え、すべてがひとつであり、光と愛だけを同時に感じる体験ともいうべきものです。

 人は自らの真実に出会えば、それ以外の体験はどちらかというと「おまけ」のような気持ちになると個人的に思っています。

 その体験があったからといって、自分が偉いとか、悟っているということでもありません。
 
 それに私の場合は、悟りの追求というより、ただあの体験をいつも味わえればいいなぁ~ってのが目標なんです(笑)

 それをいつも感じていることができれば、この世界で信じられている現実が何を見せようと、どうということもないと思います。

 「自信」という言葉がありますが、「なにが真の自己なのか?」がわからないままでは、それを決して得ることはできません。

 また、相対性の世界の中にある自分・身体を規準にしてみている間、自分とちがう何かが存在するようにみえる宇宙の中では変わらないモノは存在しないので、その中を探すような方法では決して「自信」を得ることができない、と私の10年以上の個人的な洞察・結論としてそう考えています。

 そのような個人的な結論ではありますが、この世界の中の自分ではなく、決して変わることのない「絶対的な存在あるいは状態」に自己の身元を定めなければ、決して揺らぐことのない自信を得ることはできないと考えています。

 そして、それは確かにあります・・・ 

 私が日記を書いている理由は、ただそこへ戻るプロセスにおいて、「今、私はそこにどれだけ近づけたのだろうか?」という体験をシェアすることだけを目的に書いています。

 そして、今、私がその体験とその状態に戻る道として最有力視している教えが「奇跡のコース」というプロセスです。

 このプロセスは、自我を越えたところからつねに一人ひとりにメッセージが与えられていると、個人的に感じています。

 それを学ぶも学ばないも自由なのですが、従来の前提とはまったくちがう考えをもとにしています。

 また、ワークブックという365日形式のレッスンは、私が以前体験した一つに戻る状態へと、どんどん近づかせてくれるようにも感じています♪

 そして、この実践は「外側にある何か、誰かを変えるとか、世界を変える」というような目的はなく、ただ「自己の心」を通した実践です。

 それが私のお気に入りでもあります。
 これは純粋な自己選択に基づくものです。

 外側という自らの想い-幻想の結果を変える必要がないのは、とても楽しい実践になります。この実践は、たった一人、自らの分裂した心が本質的な自己ともういちど結びつくためだけにあるプロセスです。

 それをただ求めている人に
 私は「奇跡のコース」をお勧めしたいと思います♪

********************************

PS:
 あとよく日記で私の意図がうまく伝わっていないと感じることをもう少しだけ書きたいと思います。

 それは、身体の中で、身体が感じる快楽や幸福というモノももちろんありますが、それについて否定しているわけでもありません。
 
 ただ身体にあまりにも囚われてしまえばしまうほど、人生に苦痛を感じたり、病気になったりしがちだと体験上そう感じています。

 私は職業においても、そのような人たちと毎日接しているので、そこから完全に抜け出すための処方箋を提供できたら、それはなによりも嬉しいことなので、その道を色々と模索し試しているところです。 
 
 また、これは人ごとではなくまさに自分自身を救う道でもあると思っています。誰のためでもなく自分のため、だからこそ私の場合、真剣になれるような気がしています。

 私が日記で書くことは、身体を越えた体験やふり返ればけっこう不思議な体験もしているため、一般的な常識とはかなりかけ離れてはいることも多いのですが、そのすべては私の中で実際に起こったことだけを正直に書いています。

 なかでももっとも書きたいこととしては、
 身体を越えた自己-身体というとらわれから解放された自己は、最上の幸せ・幸福感・至福を同時に感じることができるということです。

 その状態は、もはや誰かとの違いや比較を完全に脱しており、時間や空間の制限を超え、文字どおり、すべてと溶け合う一つである体験です。

 すべての人がこの状態を体験すれば、本当の自己をいつも頼りにすることができ、存在に対する確信が深まります。そして、人生の苦痛を乗り越えることが楽になると私は考えています。

 私の個人的な体験が、少しでも皆様に役立つことがあれば幸せです♪
スポンサーサイト
プロフィール

あきやんでぇ~す♪

Author:あきやんでぇ~す♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2ブックマーク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1573位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
整体・カイロプラクティック
65位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1573位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
整体・カイロプラクティック
65位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
FC2チャット
Twitter...A

Twitter < > Reload

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。