FC2ブログ

驚愕、すべての人生というものは・・・

 イェシュアの手紙という本を読んでいて、まだ途中だが衝撃を受けた・・・

 特に、私たちの一人一人が

 「イエス・キリスト」という偉大な聖者の物語の

 形やバリエーションを変えた・・・

 編み直しに過ぎないという事実に・・・

 震撼した・・・

********************************
(著者のマーク・ハマーが、イェシュアからのメッセージが来ていることを信じられず、自分が信頼しているチャネラーから伝えられているところを抜粋します)

 第5章-252-253の文章より抜粋

「親愛なる者よ、大丈夫です」エレミアの声は以前よりも今は柔らかく、私の逆立った神経を和らげてくれた。彼女の肉体の目は閉じられていても、私の動揺を見抜いていたのだ。「〈判断〉と呼ばれているものを下しているのですね。それは、あなたが〈マーク〉と呼ばれる存在のみであるという、あなたが創造した思考のためです。それゆえ、本当はあなたが考えることができるすべての存在であるのに、あなたが〈イェシュア〉と呼んでいる存在になる価値がないと思っているのです。

「それは、あなたという存在の基本的思考パターンに起因しています。あなたは、すべての存在が神の一人子であるという考えを持っていながら、まだイェシュアだけが本当の神の一人子であると固く信じていますね。だから対等に見られないのです。しかし、親愛なる者よ、本当は対等であることしか存在しえないのです。一つの意識しか存在しないのですから。あなたが、兄弟をあなた自身として見る準備ができるときまで、すべての存在の人生を送ることでしょう・・・」

今度は、私(マーク)が遮った。「私・・・私がすべての存在の人生を送っているのですか?」

「そうです。存在しているすべての人生は、実は一つの人生なのです。そこに分離というものはありません。ですから、親愛なる者よ、あなたは神の聖なる子、神のたった一人の子であることを知りなさい。わかりますか?」

********************************

 頭の中では、たしかに何度も本などで、その事実を読んでいるはずなのに・・・

 今までは、それを、私自身の物語として読んだことはなかった。

 それは、まったく自分とはちがい、遠い存在である誰かの話であり

 おとぎ話のようなものだと・・

 偉大な聖者と自分を比較して、そんなことはありえないと・・・

 そんな記憶はないと・・・


 「放蕩息子」の物語は、いまここにいると信じている全員、

 私たち自身の物語・・・

 その中で、イエス・キリストとしてかつて呼ばれ

 -人間であることを越えた聖者-

 大いなる自己として目覚めたキリストは、

 残りの自分(キリスト)たちが見ている夢から目覚めるようにと

 今も私たち一人一人の心に働きかけているということ・・・

 
 誰もがうすうす感づいているのではないだろうか???

 自分自身が偉大な何かであるという事実を・・・

 何度もキリストは一人しかいないと書かれている事実を・・・

 もちろん、聖書のようなイエス・キリストの物語ではないが・・・


 キリストの夢という一冊の本の無数にあるように見える物語が

 たった一つの台本・シナリオしかなかったことに・・・

 ここで驚愕しなくて、

 どこで驚愕するのだろう・・・

 過去世という夢は、たくさんあるように見えるが

 夢の台本の結末は、

 つねに私たちの誰もがキリストであるということ・・・

 これを私は、あなたは本当に受け入れることができるだろうか?

 私はこの現実世界における自分自身の無力さ、無能さという夢にとりつかれていた・・・

 そう信じることで、人と関わることを恐れ遠ざけてきた・・・

 どうやら、この最大の言い訳を手放す時期に来ているようだ・・・


 ACIMは、まさに自分から自分に宛てた手紙・・・
スポンサーサイト



プロフィール

あきやんでぇ~す♪

Author:あきやんでぇ~す♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2ブックマーク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
967位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
整体・カイロプラクティック
29位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
967位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
整体・カイロプラクティック
29位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
FC2チャット
Twitter...A

Twitter < > Reload

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR