FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心理的逆転について!

皆さんは「心理的逆転(しんりてきぎゃくてん)」という神経系における異常な反射現象についてご存じですか?

この言葉は、TFT(Thought Field Therapy=思考場療法)と呼ばれる東洋医学と心理療法を合体させた療法のなかで考えられている概念です。

「心理的逆転」について簡単に説明しますと、意識・無意識的な心が否定的な考えや信念にとらわれている時、すべての人のなかで起こっている現象です。

TFTによる説明では、体内エネルギーシステムの極性が逆転した状態だと定義されています。喩えるなら、懐中電灯などの電池で動く器具は電池がなければ動きません。そして、電池を入れるのであれば、「正しい向き」に入れなければなりません。しかし、電池を逆向きに入れたなら、当たり前のことではありますがライトは点灯しません。まるで電池が入っていないかのようになります。エネルギーシステムの極性が逆転し、電池が逆向きに入っているような状態になっている、というわけです。

概念とはいっても、キネシオロジー(筋肉反射応用治療学)を行っていると、頻繁に出現し、実際に確認できる現象でもあるので決して無視することはできません。

「心理的逆転の状態」は、厳密に言えば3種類あります。
キネシオロジーによる思考の筋力テストでは、通常、「私は幸せになりたい」と言うとき筋力が強くなり、「私は不幸になりたい」と言うとき筋力が弱くなります。

心理的逆転が起こっていると、上記の逆の反応が表れます。つまり、「私は幸せになりたい」と言うとき筋力が弱くなり、「私は不幸になりたい」と言うとき筋力が強くなることによって、その現象が実際に存在していることが確認できます。この状態は、あらゆることがうまくいかないような状態を生み出すため【全面的心理的逆転】と呼ばれています(一見すると、不幸好きな人のようにも見えますが、顕在意識では幸せになりたいと思うのですが、深層心理では防衛意識が強力に働き、たとえ好ましい変化だったとしても、現状を維持することに全力を注いでいる状態です)。

あとの二つは、たとえば学業などで日本語の教科は得意だけど、英語だけは何をやってもだめといった状態で表れる【特定の心理的逆転】、そしてメンタルセッションのなかで問題を解消しようとするときに問題を完全に解消させず無意識的な抵抗として起こる【ミニ心理的逆転】という状態があります。この二つについても、キネシオロジーの筋力テストで特定の質問をすることで、各々の心理的逆転が起こっていることを個別に判定することができますが、ここではその説明を省略したいと思います。

「心理的逆転」という現象に気づくことの重要性として、【ある病気が慢性的なもの】であり、通常の治療がまったく効果を発揮しないとき、【ある人々がダイエットに非常に苦労】したり、【中毒性物質の摂取をやめられなかったり】、【才能のあるアスリートが突然フリーズして致命的なミスを犯し、自分の能力をフルに発揮できない】こととも関係します。

「心理的逆転」は潜在意識の中でしばしば浮かび上がる、【自己破壊的なネガティブな考え】によって引き起こされます。したがって、意識の範囲でそれに気づくことはありませんし、もっともポジティブだと言われている人のなかにも存在します。

「心理的逆転」は、ネガティブな考えあるいは信念体系(その人にとって当たり前のようになっている思考方法)であるため、いかなる感情も生み出さないため、ほとんどの人はその存在に気づくことはないのです。このためもっともポジティブな人たちでさえ、その影響を受けるものだと言えます。

「心理的逆転」があると、現代医学における治療過程、あるいは、あらゆるヒーリングの試みを妨げ、何をやっても改善しないという結果をもたらします。

長々と書きましたが、この状態を一時的に解除する方法はとても簡単です。【全面的心理的逆転】に気づくことができたなら、以下に示す「胸の圧痛点」を刺激します。また、【特定の心理的逆転】と【ミニ心理的逆転】が起こった場合も、以下にある「空手チョップポイント」をタッピングする(叩く)ことで解放できます。

page001_convert_20160629084308.jpg


もう少し解説しますと、長いあいだ解消できない問題をテーマにアファメーション(肯定的な宣言)を以下のように行うことで、ある問題に対して具体的に対応できるようになります。
『私は【○○=問題や苦手意識をもっていることを記入】を持っているけれども、深く完全に今の自分自身を受けいれます』という自己受容型のアファメーションを3回ほど言いながら、上記のポイントをマッサージしたり、タッピングして解放していきます。

この解放法を行うことで、キネシオロジーの筋力テストにおいて、その現象が一時的に解除され、筋力の状態あるいは筋肉反射の状態が正常に戻ります。しかしながら、各個人の否定的な信念体系を変更するためには、顕在意識から潜在意識あるいは無意識という領域にわたって、しっかりと各個人が自らの心を見つめ直す作業を必要とします。

ですから、上記の解放だけで「心理的逆転」を解放するだけでなく、TFT(思考場療法)やEFT(感情解放テクニック)、そしてキネシオロジーのセッションを行うことで、各個人が自分自身だけではどうしようもないと感じてきた問題に対して、各個人が望む変化をもたらすことができます。

また、医療関係者やヒーリングにたずさわる人たちが、この現象が実際にあることに気づき、どんどんクライアントさんに紹介していくことで、問題の早期解消に貢献できるようになるのではないかと思います♪
スポンサーサイト

明日10月23日は『経絡タッピング&キネシオロジー』のセミナーを開催します♪

以下はfacebook投稿からの転載です。

岩倉カイロとしての投稿としては、ずいぶん間があいてしまいました~

明日10月23日(日)は、『経絡タッピング&キネシオロジー』のセミナーを開催します。
2名の方(おひとりは再受講)が参加してくださいます。
昨日からセミナーの内容の復習をしたりしています。
自分自身がまとめたものとはいえ、盛りだくさんの内容なので、明日は、少しでも効率よくお伝えできるようにしっかりまとめておこうと思います。

それとは別に、先日少しだけご紹介しましたが、最近、教育キネシオロジー関係の本『ブレインジムと私』という本と、『図解マインドフルネス』という本を読んでいて、昨日『ブレインジムと私』を読み終えました。ものすごくよい本だと思ったので、機会をみて再読しようと思います。

教育キネシオロジーの技術も、経絡タッピングと同様、ストレス状態のときに有効なエクササイズがたくさんあるので、まずは自分自身が体験し、そして臨床でもどんどんクライアントさんに紹介していこうと思っています。

具体的には、最近、立位で筋肉反射を取っていて、完全脱力状態で行っているにも関わらず、後ろに倒れそうになってしまう方が見えました。その方は教員の方で、かなりストレスをため込まれていました。そして、前後のバランスが悪くアキレス腱から後頭部まで過剰に緊張されていました。そこで、施術を行った後、教育キネシオロジーで紹介されているアキレス腱を伸ばす「グラウンダー」、「カーフポンプ」、「フットフレックス」という技術をご紹介しました。

以下の写真は『ブレインジム*神田誠一郎著*健康双書』から、個人的にまとめたものです。
page002_convert_20161022214019.jpg


一週間後に再来院されたときには、前後バランスがよくなり、筋反射も楽に取れ、ふらつきもなくなっていたので、教育キネシオロジーを勉強してよかったと思いました♪

*************************

今後の『経絡タッピング&キネシオロジーセミナー』の予定としては、
個人セミナーの形を基本に行いたいと考えています。
それ以外に、以下の内容についても変更したいと思います。

「変更点」
1.セミナーの開催時間についてですが、AM10:00~PM7:00までとし、1時間延長したいと思います。
2.現在までのところ、私自身が受講してくださった方々に、キネシオロジーを活用し経絡タッピングのメンタルセッションを行うこと(皆様がクライアントになるパターン)は提供できていますが、受講して下さった方がセッションを行う側(施術者)になる時間まで確保できないことがあります。その旨、ご了承下さい。時間が確保できる場合は、クライアントと施術者になるパターンの両方を受けることもできます。
3.今年12月31日までの受講料は35,000円(テキスト代、税込)ですが、来年(2017年1月1日以降)からは40,000円(テキスト代、税込)とさせて頂きます。
4.再受講は半額(17,500円、来年からは20,000円)で受けることができます(テキストは変更点を除き、別料金となります)。

『経絡タッピング&キネシオロジー』セミナーの参加条件として、
当院のオプショナルセミナーである『ボディランゲージ・リーディング1(経絡編)』の受講者、
または、年間セミナーのエッセンシャルプロセス1を受講済みの方、
または、スリーインワン・キネシオロジーのレベル6まで受講済みの方が受講できます。

経絡タッピングを活用するにあたり、各人にあったパターンやオリジナルレシピを導き出すうえで、キネシオロジーを学ぶことによって、様々な場面に応じて使いこなす幅が広がります。

各人の身体に直接たずねることができる技法であるキネシオロジーについて学ばれたい方は、『経絡タッピング&キネシオロジー』のまえに、『ボディランゲージ・リーディング1』を受講されることをお勧めします♪

◎セミナー情報のページに新しい内容をつけ足しました。ぜひ、遊びに来てください♪
岩倉カイロプラクティック院HP(セミナー情報)

◎オプショナルセミナーに経絡タッピング&キネシオロジー・セミナーの内容をつけ加えました!
オプショナルセミナーの詳細



メンタルセッションで有効な方法2

さきほど、NLP(神経言語プログラミング)における「サブモダリティ・チェンジ(従属要素の変更)」というテクニックについて少しご紹介しました。

NLPでは、五感とサブモダリティ(従属要素、五感の質、心の映像)という心の機能を上手に活用してメンタルセッションを行ったりもします。そのような技術と関係して、最近、仏教の宗教的な要素をとりのぞき、心理的に有効な手法を抽出して活用する「マインドフルネス」という方法が注目されています。

じつはマインドフルネスと呼ばれる物事の本質に気づく技術(洞察瞑想=観瞑想)のもとは、お釈迦さまが生命を構成する五つの要素、昔の言葉で五蘊(ごうん=五つの集まり、色蘊(しきうん=身体・物質)・受蘊(じゅうん=感覚)・想蘊(そううん=表象)・行蘊(ぎょううん=意志)・識蘊(しきうん=意識))と呼ばれている肉体・物質と心の状態を観察することとも関係しています。

五蘊と十八界_convert_20160913103329

具体的には、視覚要素で、何かを見たなら、「何かを見た」という気づきを瞬間、瞬間にすばやく入れて行き、何かを聞いたなら「何かを聞いた」ことを事実に基づいて確認していくことにあります。

また、五感で実際に感じたこと・知覚(受)以外にも、そこから発生したイメージ(想=表象:これは前述したサブモダリティに近いと思います)、自分の脳によって作り出された表象によって湧き上がった意志(行)、そしてその流れが無意識レベルで作りあげられていった「色(物質・肉体)→受→想→行」という反応を顕在意識がまとめあげ、心(意識)として反応するまでのプロセスを感じ取り、やがてはその瞬間のなかで生じては消えていく現象の無常性に気づくことが、仏教における “悟り” という目的に近づくための方法でもあります。

お釈迦さまは、身体の五感(眼耳鼻舌身:げん・に・び・ぜつ・しん)の働きと第六番目の機能として意識(意)・認識する働きとしての心を備えていることを、紀元前から明確に定義されていました。

このようにして形成される人間の存在状態における認知システムの幻想性に気づき、そのどれもが永遠には存在せず、その無常性に気づくことで、自分(私)と自分が感じている対象(世界)という不確かな存在の状態の真実を見極め、人生の最終段階の目的として考えることも重要かな?と思い、今回はそのことをテーマにしてみました。

また、人間存在と身体そして心理学的な働きは切り離せないものなので、お釈迦さまの智慧を知り、それをメンタルセッションに活用することで、クライアントさん、そして私自身により深い洞察をもたらしてくれるような気がしています。

以下は、マインドフルネスについて紹介されているネットの情報をリンクさせておきました。絵の中央にある大きな目(プロビデンスの目)はいただけませんが、あくまで概要説明として参考になればと思います(この技術が紹介されていることにも、支配層に何らかの目的があると感じつつ)。

記憶力や免疫力をも上げる? 「マインドフルネス」とは結局何なのか

メンタルセッションで有効な方法1

昨日行ったメンタルセッションのなかで活用した方法について少しご紹介したいと思います。

昨日のセッションでは、セッションに関する掲載許可をたずね忘れてしまったので、具体的な内容ではなく、クライアントさんが「こわい」「恐怖を感じる」存在(誰かや何か)に対して、経絡タッピングの準備段階で行うとよい方法についてご紹介したいと思います。

クライアントさんが、何らかの対象(人・もの)に脅威を感じられている場合、その対象を想像してもらいながら、ご自身が安全だと感じる距離を作り出してもらいます。

セッションでは、ローラーがついている丸イスを活用し、丸イスを脅威として感じている対象に見立てます。
そして、クライアントさんが対象と向き合っても安全だと感じられるようにイス(脅威)の位置を決めてもらいました。

施術者は、クライアントさんの顔色や様子(恐怖反応)をよく観察しながら、その対象と適切な距離がとれるようにセッティングし、その状態で経絡タッピングを行います。

さらに、経絡タッピングを行いながら、その対象に感じてきた気持ちや思いを吐き出してもらいます。

もう少し、現実の状況に似せるために、対象が人である場合、ロールプレイ(施術者がある特定の役をすること)を行うと、クライアントさんがその恐怖と関係する状況にどれぐらい対応できるようになっているかを調べることができます。

このような方法は、パニック障害における個別の対象や出来事に対しても応用することができると思います。

この手法は、じつはNLP(神経言語プログラミング)の恐怖症などで活用されている方法を応用したものです。

NLPでは五感で感じられる脅威的な情報に対して、五感で感じられる情報の質をいろいろと変更することで、身体が生理的かつ無意識に感じ取っている状態を変化させる技術があります。

五感で感じられる情報の質について具体的に書きますと、視覚なら視覚を構成する要素(色、色調、明暗、距離、白黒・カラー、静止画、動画)というようなものがあります。

そして、この五感の要素の一つをピックアップし(セッションの例では距離の要素)、たとえば恐怖を感じている状況であるなら、心が落ちついている状況になっているというように、具体的にクライアントさんの身体の反応の変化を観察します。

そのような身体の生理的・無意識的な反応の変化をよく観察したなかで、セッションの目的にかなう変化が得られる要素を見つけ出し、変更していくこともパニック状態を変化させる方法の一つとして活用することができます。

この手法は、モダリティ(五感の様式)に関する「サブモダリティ・チェンジ(従属要素の変更)」と呼ばれている方法です。活用しやすい方法なので、恐怖症やトラウマ関係のセッションのなかで、いつでも活用されるとよいと思います♪

以下の画像は「サブモダリティ・チェンジ」の具体例です。

page001_convert_20160913092602.jpg

メンタルセッションで大切なこと

今日は、メンタルセッションを行ううえで、個人的に大切だと感じたことについて書きたいと思います。

私自身がメンタルセッションを行うようになったのは、1996年にスリーインワン・キネシオロジーと出会ったことによります。技術を一通り習得するために、カイロプラクティック施術のなかにもスリーインワンの筋肉反射や解放技術を組み込みながら学んでいきました。(そのプロセスで、完全に脱力した状態から筋肉反射を取っていく「ボディランゲージ・リーディング」という方法へたどり着きました。その他に、スリーインワン以外の領域で秀逸な解放情報などを集めていき、現在のセッションスタイルを確立していきました。)

そして1998年にベーシック・ファシリテーターになってから、本格的にメンタルセッションも行うようになりました。
スリーインワン・キネシオロジーで学んだ解放の一連の流れを学んでからは、今まで数名のかた(統合失調症かつ悪霊に取り憑かれたような方とご自身の感情を感じることにまったく価値をもっていない方)を除いて、セッション後の感想をたずねた限りにおいて、大変満足されていました。

この結果について自慢話をしたいわけではなく、スリーインワンによって作り出されたメンタルセッションのフォーマットが、とても完成されていたことが数々の良い結果を生み出した原因だと私は考えています。
なかでも、最初に「予備テスト」という身体の基本的な調整を行うことで、各個人が問題と向き合う力を確保することができると思います。

具体的には、最初に、筋紡錘(きんぼうすい)の状態を調べるテストで、筋肉の異常な状態をチェックし、調整を行うことで、身体のよぶんな緊張状態を緩和します。

次に、任脈(にんみゃく)と督脈(とくみゃく)という東洋医学における正中線上の経絡(けいらく:生命エネルギーの流れ)を整えることで、今現在で「選択する力」と、過去に緊張した状態を緩和し「くつろげる」ようにします。

次に、オーバーロード(過剰な負荷)状態があるかないかを確かめることで、神経系の混乱状態や「過去に自分のことを見過ごされてきた恐怖」によって、神経回路がショートしたような状態があるなら、そのバランスを整えます。

次に、脱水状態がないかを確かめ、脱水状態があれば、神経系の伝導性をよくするために水を飲んでもらい調整を行います。
そして、身体に「やさしく解放できますか?」と尋ねます。これは、クライアントさんの過去があまりにも苦痛に満ちていたり、罪悪感から自分を許さない思考体系、自虐的な思考体系、解放も苦しんで行う必要がある、という信じ込みがある場合があり、これを事前に予防するために行います。もし筋肉がこの質問に対して弱い状態=「いいえ」の答えなら、「解放で苦しむ必要はないんですよ」と顕在意識を通して話し、「やさしく解放する」ことを選び直してもらいます。

このような基本調整を行ってから、問題の解法をスタートします。

このあとのプロセスは、現在時に問題と結びついた神経系の混乱を取り除くもっとも適切な解放技術を、身体に直接たずねながら行います。そのストレス値がゼロになり、やる気の値が100になったら、次に問題と結びついた過去の見直し(身体に過去を見つめ直すための年齢をたずねます)とその年齢で現在時と同じような解放を行います。過去の解放を行った後に関しては、その時に問題と結びついた「信念」が生み出された可能性があるため、その信念についても見つめ直してもらい、必要であれば、御本人の意思で、それを書き換えてもらいます。

現在時に意識を戻し、(催眠状態で行うのではなく、つねに顕在意識の状態でセッションを行うのがスリーインワン流です)、今度は問題を克服した未来を想像してもらい、その未来を楽しめるかどうかを確認し味わいます。

その後、現在時に戻り、「新しい選択、新しいひとりごと、新しい振る舞い」を決めてセッションを終了します。
スリーインワン・キネシオロジーでは、このようなセッションのフォーマットがあるため、安定した結果が得られるという特徴があるのではないかと私は考えます。

あとスリーインワン・キネシオロジーの解放技術は、心身の問題を解放するための情報や、エネルギー的な側面に関するさまざまな解放技術がバランスよく納められているので、それを活用することも大きな特徴です。

以上のことから、メンタルセッションを行ううえで私が大切だと思ったのは、

○対等・同格の関係性の中で、クライアントさんが中心になってセッションを行うこと
○安定した結果を生み出すためのプロセスがしっかりしていること
○顕在意識と身体などの無意識レベルの許可を得ながら行うこと
○問題を現在、過去、未来というように時系列を通して見つめ直すことなどが、

心という目には見えないエネルギーやクライアントさんの全存在と
一緒に交流していくために必要だと考えています。


ここからは営業ですが(笑)、『経絡タッピング&キネシオロジー』のセミナーでは、予備テストに心理的逆転の要素を加えたり、身体がのぞむ経絡タッピングを作り出すような方法も行っています。

また、上記のメンタルセッションと同じように現在の問題、過去の問題、未来の新しい状況を仮想現実のなかで体験していただき、かつその中に含まれているストレスチャージを取り除くことで、現実の問題にもシッカリと対応できる力が培われます。

過去の解放と新しい未来の状況まで行うには60分では終わらないときもありますが、その分、より深い解放を体験していただくことができると思います♪

*************************

今後の『経絡タッピング&キネシオロジーセミナー』の予定としては、
個人セミナーの形を基本に行いたいと考えています。
それ以外に、以下の内容についても変更したいと思います。

「変更点」
1.セミナーの開催時間についてですが、AM10:00~PM7:00までとし、1時間延長したいと思います。
2.現在までのところ、私自身が受講してくださった方々に、キネシオロジーを活用し経絡タッピングのメンタルセッションを行うこと(皆様がクライアントになるパターン)は提供できていますが、受講して下さった方がセッションを行う側(施術者)になる時間まで確保できないことがあります。その旨、ご了承下さい。時間が確保できる場合は、クライアントと施術者になるパターンの両方を受けることもできます。
3.今年12月31日までの受講料は35,000円(テキスト代、税込)ですが、来年(2017年1月1日以降)からは40,000円(テキスト代、税込)とさせて頂きます。
4.再受講は半額(17,500円、来年からは20,000円)で受けることができます(テキストは変更点を除き、別料金となります)。

『経絡タッピング&キネシオロジー』セミナーの参加条件として、
当院のオプショナルセミナーである『ボディランゲージ・リーディング1(経絡編)』の受講者、
または、年間セミナーのエッセンシャルプロセス1を受講済みの方、
または、スリーインワン・キネシオロジーのレベル6まで受講済みの方が受講できます。

経絡タッピングを活用するにあたり、各人にあったパターンやオリジナルレシピを導き出すうえで、キネシオロジーを学ぶことによって、様々な場面に応じて使いこなす幅が広がります。

各人の身体に直接たずねることができる技法であるキネシオロジーについて学ばれたい方は、『経絡タッピング&キネシオロジー』のまえに、『ボディランゲージ・リーディング1』を受講されることをお勧めします♪

◎セミナー情報のページに新しい内容をつけ足しました。ぜひ、遊びに来てください♪
岩倉カイロプラクティック院HP(セミナー情報)

◎オプショナルセミナーに経絡タッピング&キネシオロジー・セミナーの内容をつけ加えました!
オプショナルセミナーの詳細


プロフィール

あきやんでぇ~す♪

Author:あきやんでぇ~す♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2ブックマーク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
整体・カイロプラクティック
43位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1298位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
整体・カイロプラクティック
43位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
FC2チャット
Twitter...A

Twitter < > Reload

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。