FC2ブログ

「タミフルの無効と害が証明される」

「タミフルの無効と害が証明される」


NPO法人医薬ビジランスセンター(薬のチェック)では54号(20日発売予定)で、『トピック「タミフルの無効と害が証明される-国際グループの最新の研究結果』でとして扱った。

リンク先の上記の文章『』の部分をクリックすると内容が平易にまとめられたPDFファイルがあります(PDFファイルを貼りつけようと思ったのですが、エラーが出てしまうため)。

以下のリンク先も気になったので、リンク先のアドレスを入れておきたいと思います。
「薬の「ほんまもん」情報は『薬のチェックは命のチェック』 で!!』

市民患者が「ほんまもん」の情報を持つことが真の改革につながる


もう一件

~日本薬剤師会会長が決意の告白~

「患者よ、クスリを捨てなさい」

現代の西洋医学におけるクスリというのは、人工的に作られた化学化合物質ですから、身体の中にもともと存在しないものであり、「毒」と言ってもいい。できれば飲まないほうが良いものです。

人間は高等生物ですから、異物が体内に入ってくれば、それを排除して体調を整えようとして、さまざまな反応を起こします。

これと同じように、クスリも人体にとっては異物であるため、体内に入るとさまざまな防御反応が現れます。

「病気を治せないクスリ」もあるということです。風邪薬や、高血圧、糖尿病といった生活習慣病のクスリなどが代表的ですが、これらは症状を抑えるものであって、病気を治すクスリではありません。

発熱しているということは、まさにいま体の中で異物を排除するために防御反応が起こっているということ。その反応を無理に抑えてしまうと、逆に治りが遅くなってしまう可能性もあります。

また、解熱剤と同様にロキソニンなどの鎮痛剤も、痛みは抑えられても、痛みの原因を取り除けるわけではないですし、長く飲み続ける性格のものではありません。日本では抗生物質の消費量も他国に比べて多いようですが、投与を続けることで、耐性ができ、肝心なときに効かなくなってしまうこともあるのです。
https://scontent-b.xx.fbcdn.net/hphotos-frc1/t1.0-9/p480x480/485533_283490201806389_963743866_n.jpg
トピックス&備忘録として残しておきたいと思います。
スポンサーサイト



抗がん剤で殺される1/2 WHO指定発癌剤 仕組まれたマスタードガス猟の罠


"抗ガン剤で殺される"高画質

"抗ガン剤で殺される"証拠資料
http://www.youtube.com/watch?v=6a52cA...
読み上げファイル約7時間半
http://hon42.com/iryou/voice/point1.mp3
http://hon42.com/iryou/index.php
http://hon42.com/iryou/che.php

まず、これはいまだにまったく誰も反論してこない事実ですが、抗ガン剤はWHO指定の­最高ランクグループ1に指定された猛烈な発ガン物質です。抗ガン剤とは発ガン剤猟法で­­す。
IARC発がん性リスク一覧
http://ja.wikipedia.org/wiki/IARC%E7%...

船瀬俊介氏の言うことが大げさだというなら、添付文書を見てください。この猛毒が0.­05グラム24万円です。効果もないことがわかり販売中止になりましたが日本だけは在­庫処分で売られています。いかに治験がデタラメかです。
http://www.info.pmda.go.jp/downfiles/...

2分頃にシクロホスファミドなどが大変な
発ガン物質であることを説明しています。
http://www.youtube.com/watch?v=VQU6hz...

白衣仮面をかぶった悪魔達の正体は暴かれつつあります。抗ガン剤はWHOに指定された­第一級の猛烈発ガン物質として指定されています。
1925年にジュネーブ議定書で戦時使用が禁止されたマスタードガス(イペリットガス­)などの発ガン物質を医療界は暴利を生み出す荒ましい発ガン性と重篤な後遺症に目を付­­­け、患者を騙して投与し、意図的に発ガン、発病させ、虚構の病魔を演出して甚大な­被害を出している事実が隠蔽されてきました。

抗ガン剤の本当の正体は凄まじい第一級の猛烈発ガン物質です。ピンクリボン運動の実態­は医療マフィアたちによる毒ガスハンティングです。

●成分が化学兵器禁止条約指定の毒ガス化学兵器の窒素マスタードガスである抗ガン剤
シクロホスファミド(商品名 エンドキサン)世界、日本で最多使用の抗ガン剤
イホスファミド(商品名 イホマイド)トップ3に入る使用量
メルファラン(商品名 アルケラン)白血病発症率100倍以上
ベンダムスチン塩酸塩(商品名 トレアキシン)0.1グラム9万円
エストラムスチン (商品名 エストラサイト)前立腺癌ホルモン剤
チオテパ (商品名 テスパミン)
ブスルファン(商品名 ブスルフェクス、マブリン)
カルボコン(商品名 エスキノン)
ナイトロジェンマスタード(商品名 ナイトロミン)

●マスタードガスと同様の作用機序であるアルキル化剤、WHO指定の発ガン物質である­抗ガン剤又は発ガンリスク指定
ダカルバジン(商品名 ダカルバジン)
テモゾロミド(商品名 テモダール)
ニムスチン(商品名 ニドラン)
ラニムスチン(商品名 サイメリン)
塩酸プロカルバジン(商品名 ナツラン)
ラニムスチン(商品名 サイメリン)
クロラムブシル(商品名 クロケラン)
ミトブロニトール(商品名 ミエブロール)
タモキシフェン(商品名 ノルバデックス錠、タスオミン錠など)
シスプラチン(商品名 ブリプラチン、ランダ、プラトシン、アイエーコール、コナプリなど)
カルボプラチン(商品名 パラプラチン)
オキサリプラチン(商品名 エルプラット)
放射線照射

以下の化学療法を受けた方。
CHOP療法 R-CHOP療法 AC療法 AC+T療法 EC療法 CMF療法 FAC療法 CAF療法 FEC療法 CEF療法 MOPP療法 C-MOPP療法 CE療法 CEF療法 VAC療法 CHASE療法 ACVBP療法 ACF療法 M-VAC療法 ICE療法 IVAC療法 R-ICE療法 DeVIC 療法 IVA療法 VIP療法 BEP療法 BEP療法

上記の療法は発ガン、発病させるために行われている史上最悪の悪徳商法、薬害犯罪です­。

化学物質・放射能から身体を守る食生活

Facebookで知り合った、石垣稔さんがまとめられているノートです。

以下、私自身が備忘録としてとっておきたいと感じたノートを抜粋させて頂きました。

化学物質・放射能から身体を守る食生活(補完版)

胃がん手術のデメリット

人体実験はまだ続いている

リボン運動は本当に社会貢献活動か

なぜ「本物」を食べると消費が抑えられるのか

牛乳の真実

飛来物質(黄砂、PM2.5)に要注意

異性化糖や人工甘味料の危険性

【放射能が消せる技術は開発済みです】

インフルエンザワクチンは打っては・・・

 今日は、インフルエンザ・ワクチン、ワクチン全般についてまとめられた記事についてご紹介したいと思います。

 私自身、facebookで以下のような情報に触れるまで、ワクチンはある程度効果があるものだと信じていました。しかしその実情を知るにつれ、国がやっていることを信じられなくなりました。

 それというのも、効果がなく副反応による死亡例があるにも関わらず、厚生労働省は事実を話さず、国民の健康を守ろうとしていないようなのです。その実例として、みなさんも、子宮頸がんのワクチンが重篤な副反応をもたらしている話題について聞いたことがあるのではないかと思います。

 また、ワクチンについて厚生労働省とWHO(世界保健機関)が出している公式見解を以下にご紹介しますが、その結論はワクチンは効果がないと言っています(この点は正直なのですが、それにも関わらず、なぜ危険なワクチンを国民に打つように仕向けていることが問題だと思います)。

 厚生労働省の公式見解 
 「ワクチンでインフルエンザは予防できない」

 WHO(世界保健機関)の公式見解
 「新型インフルエンザワクチン(H1N1)に関して有効とするデータはない」 

 あと、以下の記事が事実であるかどうかについては、読まれた方にその判断をお任せしたいと思います。最近の日本は政治も含め、何を信じてよいかわからないご時世なので・・・

THINKERから

「インフルエンザワクチンは打ってはいけない」 

「インフルエンザワクチンは打ってはいけない(後半)」

ちなみに記事からの引用ですが・・・ワクチンのハイリスク群とその成分について抜粋すると・・・・

「ワクチンの危険性(高齢者・子供・乳児・妊婦)」

ワクチンの接種が推奨されるハイリスク群(罹ると重症化しやすい)は、特にワクチンの薬害を受けやすい人達です。
高齢者は免疫が弱いため、ワクチン自体からの薬害を受けやすい。
幼児は免疫系がしっかりできていないためワクチン自体が危険。
乳児・妊婦には、ワクチンの中の保存料(チメロサール)に含まれる水銀の影響で、自閉症を起こす危険。乳児・妊婦には、ワクチンの中の保存料(チメロサール)に含まれる水銀の影響で、自閉症を起こす危険。

「ワクチンの成分」

シックハウス症候群の原因とされるホルムアルデヒド、アルツハイマーの原因とされるアルミニウム、自閉症の原因とされる水銀。この他にもゴムやゼラチンなどアレルギーを持つ人には、危険なものばかり。これらの物質をウイルスとともに体内に入れるわけですから、体に良いわけがありません。通常、これらの物質は自然にしていれば直接、血液や体内に入ることはあり得ないものばかりです。それをあえて人体に入れてしまう行為がワクチンなのです。

今回の新型インフルエンザワクチンについて、感染症の専門医が、水銀系保存料・チメロサールの危険性について述べています。ホルト-フ博士は、「自分の子供には打たせない。危険すぎる。」と断言しています。

また、こんな話もあります。イギリスの保険機関の世論調査で、イギリスの看護士の約3分の1が安全性の面から今回の豚インフルワクチンを拒否すると答えています。また同開業医の半分近くが豚インフルワクチンを接種することを望んでいないようです。

***********************************

PS:意外に知られていないことなのですが、アロマテラピーで活用されている精油(エッセンシャルオイル)には、ウィルスや細菌を99%殺菌・消毒できるものもあります。むしろ、風邪の予防やケアはアロマテラピーを活用されてみてはいかがでしょうか?

岩倉カイロプラクティック院facebook

岩倉カイロプラクティック院HP

プロフィール

あきやんでぇ~す♪

Author:あきやんでぇ~す♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2ブックマーク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1025位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
整体・カイロプラクティック
31位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1025位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
整体・カイロプラクティック
31位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
FC2チャット
Twitter...A

Twitter < > Reload

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR