FC2ブログ

私という束縛

 すべての心理作用としての身体

 この現実において、
 あらゆる学問体系の焦点は、
 身体と身体の外側に

 見えるもの
 聞こえるもの
 匂うもの
 味わえるもの
 身体に触れる軽重・寒暖・痛覚のようなもの
 
 そして、それらが何であるかを合成して処理する意(識)・・・

 時という
 物質を感じている意識の流れを見つめ、
 そのなかに束縛されている私・・・

 空間という
 あるスペースの中に私になろうとする試み

 物質性のリアリティを形成する仕組みのなかに同調することで
 重さに束縛されている私・・・

 それらを真に受け、それらの流れの中にいる身体を
 私だと信じていれば、
 そこに感じる感覚のすべてにしがみつくことが
 生きることであると錯覚してしまう

 
 浅い眠りのとき、夢をみるとき
 ある見知らぬ場所のなかにとつぜん入り込む
 その物語でも、その身体とその夢のなかで完全に同調するまでは
 自分が誰であったかは忘れているが
 その夢の主人公の身体に入り込んでしまうと
 その物語の中の私になっていく・・・

 そして、朝目覚めると、
 この現実の中の身体としての私と再び意識が同調し、
 この現実の身体の夢を現実として生きる・・・

 このどちらも夢なのかもしれないね。

 また深い眠りにおちるとき
 身体とか人生とかさえも忘れ
 意識そのものが身体を前提とする概念の世界から解放される

 私たちは毎晩、その存在の状態も意識的ではありませんが
 それを体験します。

 ある日、とつぜん、この現実のなかで不思議なことが起こる。

 眠っているわけではないのに、
 心臓の音に耳をすましていると
 その音そのものに共鳴して
 今まで隠していたはずの人生の苦痛と絶望による
 ハートの痛みが顕在化される・・・

 その時、軽いめまいのような感覚と共に
 この世界が足元から崩壊したように崩れ落ち
 恐れを感じるヒマもなく一瞬、闇に落ちたような状態になる

 その後、一瞬、形のない光だけの状態を自覚する

 神とかキリストとかブッダとかがそこにいるわけでもない

 すぐに光の洪水に溶けこむ

 すると身体を通して感じるというような知覚の抵抗などはなく

 何かを考える必要性もなく、至福と一体化する

 その間、この現実の世界などのことを思い出すこともない

 身体のことを思い出すことすら忘れている状態


 でも、今の身体において、貪瞋痴、渇愛、無明があり
 いまだこの現実の知覚に未練があるなら、やり残しがあるなら

 私の世界に、引き戻されてしまう
 知覚を求め、欲するこの世界という鎖につなぎ止められてしまう・・・

 それらを心から本当に望まなくなり、燃やし尽くすまで・・・



 心は、本来、過去-現在-未来というような時の流れのなかにいないのかもしれません。
 にもかかわらず、空間の中に何かがある
 もっといいものがある
 というような欲求が芽生えた瞬間に拘束される・・・


 人の記憶は、身体という媒体に刻まれた時系列の管理下において
 知覚された感覚印象情報に基づき再生され、
 それが即座に概念かされ名を付し、言語化し、
 それが何であるかを検索する機能があります。

 この一瞬における何げなく私がしていると考えている、
 一連の流れのなかにも、
 心は時空を超えた働きをしていると言ってもよいでしょう。

 
 量子テレポーテーションという働きがあるようですが、
 その原理は、本来、心がもっている機能そのものを示していたり、
 心が輪廻転生し続ける働きの一部を科学的に証明することになるのかもしれません。

 
 今ここの私の囚われを見続けることによって
 過去の私が何に囚われ続けている傾向が見えてくる。


 また、来世の心配をするより、
 何か特別な存在になろうとする今の心の傾向を正直に見つめることができるなら
 来世の結果は、この今の延長線として継続する心なので
 顔かたちや姿が変わろうが、今の配役を変えたバージョンのくり返しであることが
 当然の帰結として予想できそうです。

 
 だとするなら、それらの方向性をつねに決定するのは
 今ここの心に映る私という感覚印象を、正直に批判なく見つめることにより
 それからの囚われを少しずつ消滅させることができるかもしれません。
スポンサーサイト

ひねくれてしまった私自身に愛と受容と承認を♪

 いやぁ~最近
 TA(交流分析)関係の本を集中して読んでいますが・・・

 今までの自分の人生が何度もフラッシュバックされ、
 癒されていくようです♪

 最初にグールディング夫妻著の『自己実現への再決断*星和書店』から、読み始めたので、今まで自分が学んできたことや体験してきたすべてのことが、少しずつ統合されていくようです。

 グールディング夫妻による本は、実際のTAやゲシュタルト療法のセッションがどのように行われているかが詳細に書かれています。 これを読んでいて、スリーインワンキネシオロジーを学んでいたとき、具体的にセッションで何をしようとしているのか、よくわかっていなかったのですが、気持ちがすぅ~っと楽になれた理由が、意識的につながった感じがしました。

 また、チーム医療がだしているTAのシリーズ全五巻(「1わかりやすい交流分析」「2交流分析入門」「3交流分析とエゴグラム」「4ゲーム分析」「5脚本分析」)が、今日そろいました。

 これらの本は、私自身が日常生活、仕事、またミクシィなどでもよく行っていた「(不幸の)ゲーム」の仕組みについても顕在化してくれました。 今は私にとって嫌いな言葉ではありますが、文字どおり、夢中になって本を楽しく読むことができました。 神さま、ありがとうございます(笑)

 あくまで自己(自我)分析ですが、私の場合、相手にノーと言わせないぐらい理論武装=防衛をするクセがありまして・・・

 それに固く目が血走った鎧にまとわれている私をよく感じていました。

 これに対して、いったい私は何を守ろうとしているのだろう???

 と自我というわけわからずの思考なりに考え続けていました。

 それで、ふと今日来た「ゲーム分析」を読んでいて、小さい頃にもっと甘えたかった子供がいたのに気づきました・・・

 スリーインワンキネシオロジーでも、イメージのなかでその小さな私を抱きしめたり、好きなことを自由にさせてあげるようなことをしましたが、今回は、ただその子(私)と「青空を一緒に眺めている」ような感じをしばらくの間、味わっていました。

 特別に何かをするわけでもなく・・・
 小さな私である彼とただ一緒にいるような感じです!!!

 とても幸福感がありました♪

 
 TAシリーズは、もちろん意志的な私としては、より“完璧なセッション”あるいは“エッセンシャルプロセスを学んでくださっている方が、苦労せず、より整った安定した形のセミナー”をというとらわれの気持ちから学び始めたのですが・・・

 これらの本からの学びにより、“ここでの完璧な”という不自然な私の状態への囚われに、逆に気づかされ、それを深く感じることができました♪

 また、『ゲーム分析』という本では、人が日常生活のなかで“どうして報われない想いを体験することがわかっていながらも、人はどうして同じゲームをくり返してしまうのか”ということも意識的に学ぶことができました(たとえば、アルコール依存症のゲームの仕組みなどについて)。

 そして、もっとも肝心なこととしては、人が行っているゲームを指摘することではなく、「そこから抜け出すために共に何をしていったらよいか」を一緒に見つめていくことだ、ということも再確認できました♪

 なんにせよ、意識と無意識のつながりがより深くなってきているようなので、少しずつでも成長することができているなぁ~と感じています。

 私から私へ愛をこめて、日記にしておきます♪

 また、この成長過程の私をいつも見守ってくださっている
 みなさまに愛と感謝をこめて・・・

 ありがとうございます♪

*******************************

10月3,10,24、31日(第三日曜日をのぞく各日曜日)に
「アロマキネシオロジー・セミナー」を開催します♪

◎精神・感情的なストレスを抱えてどうしてよいのかわからない方。
◎体と心に不調を感じられている方。
◎ヒーラー、アロマセラピスト、セラピストを目指している方。
◎ヤングリヴィング社の精油をもっと具体的な感情解放のために活用されたい方。
◎キネシオロジーを学ばれたい方。
◎日本ではまだあまり知られていない精神・感情的なストレス解放技術を学ばれたい方、などに
 お勧めのセミナーです♪

「アロマキネシオロジー・セミナー」

セミナー会場-岩倉カイロプラクティック院

日時 10月3日(日)、10日(日)、24日(日)、31日(日)

時間-午前10時から午後5時

参加費-一万二千円(税込み、テキスト代込み)

お申し込みは、資料の準備があるため、各セミナーの前日までにお願いします♪

0587-37-3996(志村まで)

「グーグル・マップ」

http://maps.google.co.jp/maps/place?hl=ja&rlz=1T4ADBS_ja___JP325&um=1&ie=UTF-8&q=%E5%B2%A9%E5%80%89%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E9%99%A2&fb=1&gl=jp&hq=%E5%B2%A9%E5%80%89%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E9%99%A2&hnear=%E6%84%9B%E7%9F%A5%E7%9C%8C%E5%8C%97%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E5%B8%82&cid=14351136895132268247

 

意識、無意識、超意識♪

 私たちの心については、いろいろな呼び名がつけられています。

 一昔前までは、ジョセフ・マーフィーの潜在意識理論などでは
 意識と潜在意識というような区分、

 ハワイのカフナの秘宝「ホ・オポノポノ」などでは、
 ウニヒピリ(低い自己-ロウセルフ、潜在意識の心)
 ウハネ(中程の自己-ミドルセルフ、顕在意識の心)
 アウマクア(高い自己-ハイセルフ、超意識の心)
 というように3つの心が、
 あたかも存在しているように書かれています。

 今の私自身の区分では、
 大まかに
 -意識
 -無意識
 -完全な意識の記憶=神の御心=聖霊=知るべきことを知っている心

 そして、それら意識の区分が必要なくなる実在の状態=スピリット

 意識あるいは肉体的には視点の移動によって細かく見てみますと・・・

 人間としての私たちは、
 意識(瞬間のなかで身体を中心に自分とは違う何かを感じるコマ送り状態の意識)、
 潜在意識(自分の人生経験と家系的に引き継がれてきた信念体系)、
 身体意識(無意識の装置、身体と意識が結びつくことで物語が進行する)

 眠りにて、無意識におちる。
 (意識の反転現象 身体意識→無意識へ入る)

 浅い眠り-夢の次元
 深い眠り-上記の意識のすべてが、
 世界、時空間、自分の人生をいったん忘れ、
 夢の次元の総体である無意識とひとつになる。
 無意識は、アカシックレコードと呼ぶことができる(かもw)
 自分と人、そしてあらゆる物質的な概念の鋳型となる思考が
 一つの無意識のなかに混在している・・・

 超意識
 無意識(輪廻転生マシーン)という分離の概念の中に属しておらず、
 すべてがひとつであり、
 光のなかに浮かぶ無意識が自主的に目覚めるのを待っている心。
 今も神-愛-命-と完全にひとつであることを記憶している心。
 -高次の心(ハイヤーセルフ)
 -聖霊(ホーリースピリット、聖なる霊、
     ひとつでありながらすべてである
     真の命の源を記憶している心)

 スピリット
 分離の概念を知ることのない至福の実在。
 完全なる意識、すべてでありながらひとつである命の源。

 ゆえに、意識ある存在のすべては、
 今も神(命)と決して離れることなくつながっている。
 なぜなら、それ(意識)がなくなることは決してないから。

 これは人が眠りにつくとき、意識が宇宙・時空を消しさり、忘却状態にあったとしても、意識がなくなるわけではないことを示していると思います。 また人が死ぬということは、単に意識が、今の身体を離れ、無意識に溶けこむだけなのかもしれません。

 眠りとは忘却であり、意識が自分の体を忘れ、無意識と融合し、バラバラな意識あるいは思考がひとかたまりになったような状態なのかもしれません。

 あとそうですね~ 上のような記述は本から学んでことですが、
 何よりも、私の人生のなかでちょっと変わった体験が、
 思いだしてみるとけっこうあります。
 
 小学生のころアダムスキー型のU☆O、神社でビール飲んでて夜空をながめてたら、あり得ない動きをする光をみたり(笑)、3in1を学びおわったぐらいのとき、高速道路で変な形でありえない動きをみせる物体を見たり、

 明晰夢で身体が高速回転した後、宇宙の果てまでとばされるようになったあと、ニューヨークかロンドンか(かなりアバウトなんですが基本的に地名に興味がないので)のお空をスーパーマンのように飛んでて、非常に細部が現実のようにハッキリとみえたり、そこからある屋根の上におりて、夢のなかで屋根の感覚があるのかを調べたりというようなこととかが4回ほど、

 自転車にのっていて、ふと車とぶつかりボンネットの上を通過するシーンがみえたあと、まさかなって思って笑っていた瞬間、T字路であわや車と衝突してしまう瞬間にブレーキをかけたり・・・

 きわめつけは、光ととけこみ、世界は消えてそれ以外は存在しえない至福という体験をしたりと・・・

 基本的に、自己評価ですが、私は善人とか聖者とかとはほど遠く、どちらかというと強欲で、自我が強く、執念深いし、性欲も強いし、あんまりいいとこないのが特徴です(笑)

 でも、なんだかしりませんが、体験してしまうので、それを信じざるを得ないので、それを言葉で説明するのもつかれてはいますが(笑)、「私たちって人間じゃないんだよね~」ってのが、私の体験したことなので、それに嘘がつけないって感じです(爆)

 あと基本的なポリシーとしては、あまり人を助けるという意識がないんですよね。すべては、自分自身を救うため、というのが正直なところです。 ただ、みんな一緒だよねって感じです。 冷たいとか役割放棄って言わないでね(笑)

 役割的には、めっちゃ集中状態にあると思うんですが、ただ役割でやっていると楽しくないんですよね・・・


 最近、私が一度は否定した催眠関係の技術を学び始めた理由として、以前の私の考え方では、スリーインワン・キネシオロジーによる意識を催眠状態にすることなく、過去や未来にひきもどす「年齢遡行(ネンレイソコウ)」「年齢順行」の技術や、他の国では現在カルトに指定されてはいますが「ダイアネティックス」「サイエントロジー」などの考え方を、さらに超えたいと思っているからです。

 私が催眠を否定した理由としては、無意識はたしかにあらゆる可能性が振動している場所ではありますが、真の目覚めとは、それらの相対的な存在の状態から意識が起きることにあると考えていたからです。

 今でも、その考え方は間違ってはいないと思ってはいますが、以前は無意識を有効活用しようという考え方を持てなかったことと、無意識という自我の源(神との対話の神、インドのイーシュワラ神のような存在)自体を、かなりの長期間、逆恨みしていたこともあります。 
 
 最近は、私がならった3in1キネシオロジーの技術とNLPにおけるタイムライン・セラピーを融合させるような方法を考えたり、ポジティブ-ネガティブな感情を越えたエッセンシャル(本質的)な視点へと私を移すさらなる工夫を続けていますが、催眠術を『覚醒術』へと発展させることができないかなぁ~と考えるようになりました・・・

 なんだか、いつものようにまとまりのない日記になっちゃいましたが、今の私はこんな感じです♪ 
 

イメージは一瞬、言語化-翻訳-は遅い

 今日は午前中に、エンパス(共感-共鳴の感度が高い)的な方をセッションしていました。

 じつはエンパスという言葉は、半年ぐらい前まで知らなかったのですが、ある方のブログを読んで、そんな人もいるんだ・・・

 と思うと同時に、ソース(源)からの愛に、影をつけた無意識やそこから始まる次元、そして、この現実レベルで解釈しているとしたら、めちゃくちゃ大変だろうなぁ~なんて思っていました。

 しかしながら、よく考えてみると、私の仕事もそうですが、相手の無意識をリーディングするというキネシオロジーの技術と、その方が日常的に体験されていることは一緒じゃん!

 と思いました。

 スリーインワン・キネシオロジーの考え方では、誰もが超能力をもっているけれど、その感度を下げていたり、自分の能力への怖れからそれを合理的に理屈づけたり、否定したりする人も多いということです。

 また個人的には、そのような能力に小さいころはあこがれたりしてはいましたが、自分には縁がないものだと長い間信じていました。

 その後、スリーインワン・キネシオロジーの概念にふれたおかげで、自分自身の体験も含めて、なんだみんな持ってるんじゃんと思うようになり、問題があるとしたら、その活用方法だけだろうなと思うに至りました。

 今日の文章は、超能力の勧めではありません。 あくまで、人間という存在は、誰もが時間を越えた存在であるという考え方を、ご紹介することを目的に書いています。

 私の場合は、ビジョンを見るのではなく、相手のフィーリングが漠然と一瞬のうちに流れてくるので、そのフィーリングを、キネシオロジーの情報系を活用し、それを言語化することが今までやってきたことではあります。

 またスリーインワン・キネシオロジーを学んだおかげで、それはあくまで無意識の中に隠れた信念体系の一部であって、その人自身をジャッジメントするためではない、という活用方法を教えてもらったおかげで、その情報に振り回されにくくなっているとは思っています。

 私が現在行っている『エッセンシャル・プロセス』における、キネシオロジーの情報は、体のストレスをアロマテラピーで活用されている精油(エッセンシャルオイル)を活用することで感情的なムードを鎮静化させたり、肉体的な違和感を解消する補助手段に使うことから始まり、次に、選択された精油がもつ独自の力を使い、自分を幸せにしないようにしむける、無意識の信念体系を顕在化させることを目的にしています。

 つまり、そこに現れた情報のすべては、本当の(本質的な)あなたとはいっさい違うことを意識に知らせるために行っています。

 次に、ヴィジョン心理学における信念の訂正のプロセスとラマナ・マハリシと奇跡講座(コース)の概念の紹介を行うことで、今までとは違う考え方やあり方があることに触れるというプロセスを行います。


 さきほどのエンパスなどの能力の話にもどりますが、このような能力は、ある能力への感度が高いか、低いかの違いでしかなく、誰もがもっているので、何も恐れないほうが逆によいと思います。

 あと、これは生き霊とか、サイキック・アタックという言葉を知っていて、それをよく感じるかたに向けてのアドバイスですが、けっきょくのところ人間は無意識レベルでも確実につながっているので、相手に向けた想いは自分に返ってくるので、相手に向けて無意識に攻撃している自分に気づいたり、必要以上に相手の想いを恐れ防衛している自分に気づいたなら、その攻撃と防衛、不平不満をやめたり、過去からやってくるイメージに対して、赦しを選ぶことで、そのような感情の鎖から離れることができることを知ると良いと思います。

 いずれにしろ、何らかの形で、相性の合わない相手が現れたときは、癒し切れていない過去の亡霊(愛を亡くしたと信じる心)がやってきたんだなぁ~と思いなおし、自分のその想いに責任をもち、手放すことにより、相手と同時に自分も解放されることになります。

 この原理は、私自身の罪悪感による投影により、相手を攻撃したくなったときによく行うようにしています。 どのような場合も、まずは相手への想いに焦点を当てるのではなく、自分の想いの影響に気づくことが、そこからすみやかに抜け出すコツだと感じています。

 補足として、たとえばミクシィなど、あるいはどんなコミュニケーションのなかでも、人と歯車が合わないなぁ~と感じた時、お互いのなかでそのような状態を感じている場合もあると思います。 

 肉体的には肩こりとか首が硬くなっているとか、頭が重いような症状としてあらわれがちだと思います。

 でも、すべては自分自身のなかで起こっている誤解や錯覚、愛の欠如であることを思いだして、それらの想い-重い-質量に変換された感情-を手放そうという意志をもてば、内なる医師が、その石を取り除いてくれると思います♪

 また問題になるのはヴィジョン-そこから流れ出すフィーリング(ヴィジョンにつけ足された感情)にしても、この相対的な現実における価値観で、情報の善し悪しを決めつけてしまうことをしなければ、無意識に流れている解消されていない問題に焦点をあて決してその物語をジャッジすることのない光(聖霊の記憶、ハイヤーセルフ)によって、恐れや罪悪感、羞恥心、未来への不安に対処することができるようになると思います。

 今日の日記のテーマである
 イメージは一瞬
 その言語化-翻訳-は遅く、
 また誤解が多いということですが、

 最近の私の気づきとして、
 イメージの瞬間的な変更から始めたほうが、
 その後に続く
 頭で行われるイメージの解釈(フィーリング)-言語化-翻訳による
 理屈の時点で訂正するより
 高速処理が可能になるようです。

 あと、これに関して最大のポイントであり、
 忘れてはいけないこととして、

 エンパス的な能力を持つ方は、
 無意識からやってくるさまざまなヴィジョンにとらわれるのではなく
 むしろ、相対的な善悪を超えたところに
 自分を置き直し、
 イメージ-それに付着するフィーリング
 そして次元から遠ざかった状態で
 聖霊-ハイヤーセルフに一歩譲って
 その訂正をまかせることが、
 とても大切だと思いました♪


純粋なありかた♪

w+005_convert_20100808140818.jpg

 最近は、チャックスペザーノ博士の「成功心理100*VOICE」と「30日間で理想のパートナーを見つける法」を、一太郎で入力しているところです。

 ちなみに、私は、理想のパートナー

今、募集中

 ってなわけではありませんが、私の新しいHPで紹介する新メニューであり、ライフ・チェンジと占いがドッキングしたような方法『New Vision Reading』に活用するための資料づくりと、理想のパートナーを、今の問題だと感じていることに置き換えて解放を行うようなエクササイズを行っています♪

 ちなみに上の写真は、100きんで見つけた、文章入力の「秘密兵器ww」ブックスタンドです。 このおかげで入力が以前の数倍はかどっていまぁ~す♪ 

 ところで・・・

 私自身の目標としては、キネシオロジーを補助として活用しつつ、『奇跡の道』、ラマナ・マハリシの教え、セドナメソッド、ヴィジョン心理学などの技術を統合し、私たちの本質でもある完全で自由な自己に気づき、豊かで幸せなあり方-生き方をすることです。 

 このようなエッセンシャルな生き方は、心の奥では誰もが望んでいると思いますが、この現実のなか、あるいは今までのニュートン物理学的、あるいはニューエイジ的な思考体系のような生き方だけではつねに限界があると、個人的には考えています。

 私たちには、もっとすばらしいあり方がある、そして、それを生きることができる、そのような漠然としたフィーリングであったものが、現在、私の中ですこしずつ明確になってきつつあります。

 上記で紹介した各教えや概念は、最終的な目的地は同じところにあると私は考えています。 ひとつの教えだけでもすばらしいと感じますが、この相対的な現実のなかで、そのような生き方やあり方を実践するとき、私の中ではなんどもつまずいてしまう経験がありました。 

 そこで、それらの各技術を統合し、必要なときに必要な技術と情報を選ぶのに最適な方法がキネシオロジーであり、ある問題や悩みごとに対してストレスを感じることについては、それを無意識-潜在意識-意識を通して正確に見つけることができます。

 また、これからどんどん積極的に活用したいと感じていることとしては、『ハイヤーセルフ(高次の自己)』という無意識を超えた私たちの中にある真理-真実-へ入っていく方法です。

 これは無意識の奥へ奥へと入っていき、自分自身でつくりあげ、嵌り込んでいる信念体系を、ハイヤーセルフを頼りにして手放し続ける方法です。 これはセドナメソッドでは少しアプローチが弱く、またヴィジョン心理学では時に強烈すぎる感じがあるので、その間に3in1キネシオロジーを仲介させるような方法を使い、各個人が許す範囲で、少しずつ自らの掟になっている信念とそれらを増強する感情の解放を行い続ける方法をとるという感じになります。 

 キネシオロジーの最大の利点としては、身体はストレスを感じると筋肉が弱くなるという反応が起こるからです。 また逆にそれらの問題を中和する概念-言葉-技術は、筋力が回復することを通して確認することができます。 また何をストレスだと感じるかについては、その人の身体に刻み込まれた記憶-イメージによります。 それについてキネシオロジーは、その人自身の信じこみ-信念体系の核心へと入っていくのにも最適な方法であると感じています。

 ちょっとコマーシャルが長くなりましたが、今日ご紹介するヴィジョン心理学の概念は、私たちが無意識につまっている罪悪感や無価値感から成功を遠ざけるパターンを破るために知っておくとよいすてきな概念であると感じました♪

 それでは、どうぞぉ~

********************************

「Lesson24 純粋さの度合いで成功度が決まる」

私たちは純粋な気持ちになると、自分を価値ある存在だと気づくことができるのです。 私たちの罪けがれのなさこそ、人生に幸運と繁栄を導くものにほかなりません。 純粋な人生には美しさ、優雅さ、恩恵が伴います。 まさに容易さと豊かさに満ちた状態と言えるでしょう。 人は自分自身を深く癒さない限り、何らかの罪悪感をおぼえてしまう生き物です。 私たちのエゴは罪悪感を利用し、私たちの歩みを遅らせ、代わりに自分が強大になろうとします。 エゴはそうやって私たちをどんどん孤立させ、ひとりぼっちにし、自己攻撃に陥らせようとするのです。 罪悪感は、さまざまな形の自己処罰を招いてしまいます。 たとえば欠乏感などはその典型例と言えるでしょう。 これに対し、純粋さは分離を一掃してくれます。 「自分は周囲の皆とつながっている」という気づきをもたらし、私たちに喜びを与えてくれます。 純粋さにより、私たちは当然受けとるべきご褒美を手に入れられるのです。 私たちはエゴの罪悪感で自己防衛しようとします。 罪悪感を使い、怖れから自分を守ろうと無駄な努力を重ねてしまいます。 そうしてエゴの戦略を後押ししてしまうのです。 純粋さとは、私たちの存在からにじみでるものです。 私たちは純粋無垢な存在として創られます。 もともと純潔さを豊富に備えています。 私たちはそのように創られているのです。 今日は自分の純粋さにコミットしましょう。 それを真実のものと認識するのです。 あなたの現実として、純粋さだけを受け入れるようにしてください。 そうすれば、私たち全員が犯してきたミスを訂正することができます。 どうかこのレッスンを素直な気持ちで学んでください。 純粋さを受け入れるにつれ、あなたは自分自身のなかにある新たなレベルの智恵と自信を見きわめられるようになります。 純粋さがあれば、あなたは自分を攻撃することもありません。 自分の純粋さを受け入れましょう。 純粋さはあらゆる成功の基盤です。 純粋さを心に描き、その姿を具体的に表現してみてください。

プロフィール

あきやんでぇ~す♪

Author:あきやんでぇ~す♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2ブックマーク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2465位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
整体・カイロプラクティック
101位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
2465位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
整体・カイロプラクティック
101位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
FC2チャット
Twitter...A

Twitter < > Reload

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR