FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バロメーターの易経(えききょう)

私が学んだ「スリーインワン(心と身体と魂を一つにする)・キネシオロジー(筋肉反射応用治療学)」の技術のなかに、「TAO OF THE BAROMETER(バロメーターの易経)」というものがあります。

このスリーインワンの精神・感情的解放の技術は、「振る舞いのバロメーター」と呼ばれる「感情と振る舞いの状態」を示すチャートがあり、これをもとに、様々な解放技術の意味が結びつけられています。

「バロメーターの易経」は、「振る舞いのバロメーター」に易経の内容をプラスして、自然界の流れのなかで起こっていることも加味して、現状を洞察するものです。

最近の私に起こった大きな変化として、誰にでもわかりやすく、現代の実生活に活かせる初期仏教関連の書籍である草薙龍瞬著の『反応しない練習』、『これも修行のうち。(共にKADOKAWA文庫)』を読んで、今までの堅苦しいやり方ではなく、新しいアプローチに目が開かれたように感じました。

上記の2冊は、現代にブッダがよみがえったとしたなら、きっとこの本のように、「初心者にもわかりやすく、私たちに、その教えを聴かせてくれたのではないか」というぐらい、本当にわかりやすく、実践しやすい内容になっている、と個人的に思いました。

そこで、「私には、禁欲的かつ本格的な仏教は向いていない、無理だ」と考えてしまうのではなく、「自分ができるところからスタートすればよいのだ」と思えるようになりました。

そのような心境の変化から、あるときから「占い的な方法は行わない」と心のなかで頑なに決めていたのですが、そのような自分の決めつけを外し、もう一度、新しい形、易経のような自然界の流れのなかで、「今、自分がどのような状態にあるのか、を眺める指標にしたらどうだろうか?」と考えるようになりました。

そこで、自分で「バロメーターの易経」を、新たにチャートにつくりなおし、最近、私が始めた。「心身統合セッションについて、今後どう進んで行ったらよいのか?」について、早速、「バロメーターの易経」を活用してみました。

セルフ(自己)リーディングで出てきた内容は、

53.漸(ゼン)=漸進(ゼンシン)、次第に進む(DEVELOPMENT [GRADUAL PROGRESS/発達[だんだんと進展すること]) ②①⑥ 生き生きした/嫌みな

主題:風山漸(フウザンゼン) 順序よく弧を描いて雁が行く。 少しずつ止まったり、進んだり手順を踏んで純真に。 穏やかな発展。

問題の核心:44.姤(コウ)=女の勢いが盛んな形、遭(ア)う(COMING TO MEET/会う)
大切な関係は、ゆっくりと進展させてください。 今は人々から多くを期待しないでください。 待ってどうなるかを見てみるのが最善です。 自分を律してください。 信条を曲げないで、日々しなければならないことを、ちゃんとこなしてください。

解放:現在に留まることに対して、どれほどのストレスがありますか? NEC(否定的な感情量)40%
PEC(肯定的な感情量) 912%

解決策:8.比(ヒ)=親比、親輔、人々が互いに比(シタ)しみあい輔(タス)け合う(HOLDING TOGETHER [UNION]/支え合う[統合])
差し迫っている問題に対処しましょう。 今は自分自身、それに人との間での統合が非常に大切です。
特に今は、新しい機会の可能性を探究しているのですから。
*************************

という結果でした。一般的な占いの見方だと、その結果に一喜一憂しがちですが、全体の流れの中で、これからどう展開していったらよいのかを、より深い面から、自分と宇宙に問うことで、かなり迷いがなくなる、と思いました。

自分に制限を設けず、色々と、これからも試していこうと思います^^
スポンサーサイト

心身統合セッションと当院のエッセンシャルプロセスセミナーについて

心身統合セッションと当院のセミナーについて
今日(3月2日)は、新メニュである「心身統合セッション」の第一回目を行いました。

セッションを受けてくださった方は、非常に、細やかな感性をもっておられ、仏教や心理学なども独学で勉強されている方でした。そのため、キネシオロジー(筋肉反射応用治療学)のユニークなセッション形態を楽しんでもらえたようです。

また、その方が当院の「エッセンシャルプロセス1のセミナーにも参加したい」とおっしゃってくださったので、第8期のセミナーを開講できそうです♪

今回は、初期仏教を現代的に活用するうえで、ものすごく参考になった草薙龍瞬著の『反応しない練習』という本を事前に読み、このアウトラインをまとめた内容も、セッションを受けてくださった方は興味をもたれていたので、一緒にお渡ししました。

この本は、私が最終目的として設定している、ブッダの心理学における「苦を滅し、幸せにいきる道」を、キネシオロジーを活用しながら行うという目的にかなった本です。

とてもわかりやすく、比較的、誰でも実践しやすい方法であり、メンタルケアとしても秀逸な方法なので、超お勧めの本です。

補足として、当院の「エッセンシャルプロセス1」というセミナーは、基本的なキネシオロジーの技術を学ぶことで、その人自身やご家族の健康管理の一助にすることができたり、メンタルセッションをどのように展開したらよいのか学ぶことができます。

セミナーでは、身体の声を直接たずねることができる「筋肉反射テスト」と、心身のバランス調整技術を学ぶことができます。具体的には、筋肉はストレス状態になると、筋力が弱くなり、ストレス状態から抜け出すと筋力が回復する反射の原理を活用し、各人の心身が今求めている体の調整法や、必要としている食べ物、逆にストレスになっている食べ物をたずねたり、精神感情的なストレスを解放するうえで、必要な情報を知ることができます。

筋肉反射テストによって、顕在意識では知ることができない、身体の細胞記憶にアクセスし、身体が直接教えてくれる情報にふれることで、各人の中で自分自身を苦しめていたさまざまな制限に気づくことができます。また、神経系のバランス調整技術によって、神経系の混乱現象を静める手助けを行うことで、心身は自然に整い、その人自身がもっている本来の力が発揮できるようになります。

これがキネシオロジーによってできることです。

4月から開催される岩倉カイロプラクティック院の「エッセンシャルプロセス1セミナーの内容」について。

当院の新メニュー「心身統合セッション」について♪

内臓の不調や病気と心身の関係を知りたい方、同時に心身のバランス調整を受けたい方に向けて、キネシオロジー(筋肉反射応用運動学)を活用した当院の新メニューを作成しました。

新メニューの名称は、ちょっと長いのですが「感情地図を活用した心身統合セッション」です。
メニューの内容は、筋肉反射テストによって、
健康チェックシート1(内臓の感情地図)
健康チェックシート2(分泌腺における感情と態度)
健康チェックシート3(背面部に見られる感情)
健康チェックシート4(脊柱を利用した感情地図)
セルフヒーリングのためのヒント情報をとります。

また、身体の「感覚→感情→態度→信条→コアテーマ(核となるテーマ)→内臓の病変」へいたる過程への気づきを促し、それをストップしたり、変更したりする方法をご紹介します。

これらについての情報のすべてを、その人自身の体の声を直接たずねる「筋肉反射テスト」を活用し、体と心を統合するお手伝いをします。
感情地図を活用した心身統合セッション

その後、スリーインワン(心と体と魂を一つにする)キネシオロジーなどを活用し、精神感情的なストレス物語がどのように作られたのかを知るために、筋肉反射テストで体から情報をとりながら解放を行っていきます。具体的には

「予備テスト」-正確な筋肉反射をとるための準備。
「総ストレス量のチェック」-精神感情的なストレスを数値化します。
「振る舞いのバロメーター」-病気と関係する核となる振る舞いについての情報をとります。
「各種フラワーエッセンスによる感情情報」-感情と態度の承認と理解のための情報をとります。
「現在時の解放」-現在時の解放として筋肉反射で、身体が最も最適だとするバランス調整を行います。(スリーインワン、内臓整体、経絡調整などによる解放)
「年齢遡行(ねんれいそこう)-過去に遡って信念体系の見直し解放を行います。
「年齢順行(ねんれいじゅんこう)-望む未来を想像する解放を行います。

などを組み込んだメンタルセッションです。90分から2時間を目安にしています。

今回とくに力を入れたところは、当院のメンタル・セッションに訪れてくださった方に、自分自身を癒すために必要な情報や方法を提供することです。

気になるお値段は(笑)、通常1万円のところ、9千円です。
平成29年6月30日まで延長料金なしで提供します。

初期仏教とマインドフルネスのちがいについて

私のfacebookにおける3回前の投稿で、『図解マインドフルネス*ケン・ヴェルニ著*医道の日本社』という本を購入し読んでいることを書きました。

ダウンロード


現在までに少しずつ読み進めているところですが、良い内容もあることはあるのですが、なぜか興味がわかず、私としてはめずらしく極端に読書のペースが落ちています。

初期仏教関係の本や経典の場合は読みやすいのに、なぜ西洋心理学的にアレンジしたマインドフルネスの文献が、私のなかで読み進め、内容を消化し、理解するのに抵抗が生じるのだろうか?と考えていました。

漠然とそのような疑問を感じつつ、本を読んでいて気づいたことは、このマインドフルネスの中に出てくる『本当の自分を知る』という言葉に自分がひっかかっていることに気づきました。

私がなぜそのように思うかというと、初期仏教においてもこの現実世界を体験している経験我(けいけんが)としての私を基盤とはしています。しかしながら、初期仏教では『無常(むじょう:常に変化し続けること)・苦(く:苦しみ、不満であること)・無我(むが:我ではない、すなわち、「私のものではない、私ではない、私の本質ではない」ということ)』という三相が、この世界の実相だと考えられています。

つまり、マインドフルネスの本のなかでは、経験我のなかに本当の自分を探そうとしているけれど、初期仏教においては「そのように存在しているようにみえる私は実態として存在しない」、「この現実世界における私は、五蘊(ごうん:色(肉体)・受(感覚)・想(表象)・行(意志)・識(対象の認識を基礎とし、判断を通して得られる主観の心所))と呼ばれる5つの機能のなかに私と呼べるものは無いとされているなかで、本当の私を探そうとすることに対して、個人的に大きな矛盾を感じていることに気づいたわけです。

そうなると西洋心理学と初期仏教が結びついたマインドフルネスは、最終的に、人間の本質的な存在性について考えるうえで乖離(かいり:そむきはなれること。結びつきがはなれること)してしまうのではないかと私は感じました。

関連項目として、ブッダも大パリニッバーナ教のなかで、以下のような『自灯明(じとうみょう)・法灯明(ほうとうみょう)の教え』を説いてはいます。

アーナンダよ。このようにして、修行僧は自己(経験我:この現実のなかでの自分が体験した事実<止観瞑想による洞察を含む>を基準)を灯明とし、自己をたよりとして、他人をたよりとせず、法(真理・ブッダの教え)を灯明とし、法をよりどころとして、他のものをよりどころとしないでいるのである。

アーナンダよ。今でも、また私の死後にでも、誰でも自己を灯明とし。自己をたよりとして、他人をたよりとせず、法を灯明とし、法をよりどころとして、他のものをよりどころとしないでいる人々がいるならば、彼らは私の修行僧として最高の境地にあるであろう、-誰でも学ぼうと望む人々はー。」(二十六)(大パリニッバーナ経』二)

大意は、自己を灯明とし、自己をたよりとして、他人をたよりとせず、法を灯明とし、法を拠り所として、他のものを拠り所としないという内容。

このような文脈のなかでは、ブッダも世俗諦(せぞくたい:世間的な事実として)の経験我-自己-も重要視しています。しかし、最高の真理(=勝義諦:しょうぎたい)である「世間諦(せけんたい:心、心所、色:有為(うい)の世界の真実)」と「出世間諦(しゅっせけんたい:無為(むい)の世界の真実=涅槃)」では、真に存在するものはこの4つのみであると教えています。

つまり、ブッダの教えでは「(世間諦の次元を観察する限りにおいて)永遠の自我・本当の自我(アートマン)は輪廻転生次元の中においてはどこにも存在していない」と教えているため、西洋の人に教えるためとはいえ、初期仏教の教えをぼやかし、宗教性を取り除くとかえって、私たちの存在の本質に関する洞察がわからなくなってしまうのではないかと私は思ったわけです。

西洋で生まれたマインドフルネス(仏教的な心理学技術)は、各個人が、止観瞑想の技術を活用することで、様々な洞察を得られるという点において素晴らしいとは思いますが、最終的かつ本質的な部分を回避しているという点で、初期仏教に触れたあとではまどろこしい部分があると私は感じていたようです。

とはいえ、有益な内容もふんだんに書かれているので、この本も最後まで読みたいと思います♪

9月はちょっとダラダラしちゃいました(笑)

経絡タッピング&キネシオロジーのセミナーをまとめ終わり、セミナーを開催してから、少しホッとしたのか、疲れがたまっていたのかわかりませんが、9月は自分自身、ダラダラと過ごしていたように感じています(笑)

来月の10月10日(月)に、第3回目の「経絡タッピング&キネシオロジー」のセミナーがあるので、その時までにやる気のエネルギーを徐々に上げていきたいと思います~

とは言っても、初期仏教関連の資料を眺めなおしていたり、ふと教育キネシオロジーの分野のことが気になりだして、『ブレインジム 発達が気になる人の12の体操*神田誠一郎著*農文協』を購入し、以下のようにまとめたりもしていました。

page001_convert_20160929114711.jpg


ブレインジムについてはTFTとEFTを知った同じ年に、運動の方法やテクニックだけを学び、それ以上深く学んでいなかったので、これを機会に自分の学びを深めたいと思います♪

*************************

今後の『経絡タッピング&キネシオロジーセミナー』の予定としては、
個人セミナーの形を基本に行いたいと考えています。
それ以外に、以下の内容についても変更したいと思います。

「変更点」
1.セミナーの開催時間についてですが、AM10:00~PM7:00までとし、1時間延長したいと思います。
2.現在までのところ、私自身が受講してくださった方々に、キネシオロジーを活用し経絡タッピングのメンタルセッションを行うこと(皆様がクライアントになるパターン)は提供できていますが、受講して下さった方がセッションを行う側(施術者)になる時間まで確保できないことがあります。その旨、ご了承下さい。時間が確保できる場合は、クライアントと施術者になるパターンの両方を受けることもできます。
3.今年12月31日までの受講料は35,000円(テキスト代、税込)ですが、来年(2017年1月1日以降)からは40,000円(テキスト代、税込)とさせて頂きます。
4.再受講は半額(17,500円、来年からは20,000円)で受けることができます(テキストは変更点を除き、別料金となります)。

『経絡タッピング&キネシオロジー』セミナーの参加条件として、
当院のオプショナルセミナーである『ボディランゲージ・リーディング1(経絡編)』の受講者、
または、年間セミナーのエッセンシャルプロセス1を受講済みの方、
または、スリーインワン・キネシオロジーのレベル6まで受講済みの方が受講できます。

経絡タッピングを活用するにあたり、各人にあったパターンやオリジナルレシピを導き出すうえで、キネシオロジーを学ぶことによって、様々な場面に応じて使いこなす幅が広がります。

各人の身体に直接たずねることができる技法であるキネシオロジーについて学ばれたい方は、『経絡タッピング&キネシオロジー』のまえに、『ボディランゲージ・リーディング1』を受講されることをお勧めします♪

◎セミナー情報のページに新しい内容をつけ足しました。ぜひ、遊びに来てください♪
岩倉カイロプラクティック院HP(セミナー情報)

◎オプショナルセミナーに経絡タッピング&キネシオロジー・セミナーの内容をつけ加えました!
オプショナルセミナーの詳細


プロフィール

あきやんでぇ~す♪

Author:あきやんでぇ~す♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2ブックマーク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1573位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
整体・カイロプラクティック
65位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1573位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
整体・カイロプラクティック
65位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
FC2チャット
Twitter...A

Twitter < > Reload

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。