FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、思うこと♪

 最近は、テーラワーダ仏教の文献を読むようになり、お釈迦様が実際に、私たちにどのようなことを伝えたかったのかを、少しずつ知るようになりました。

 以前の私は、仏教とくに形骸化された大乗仏教系のあり方に対して、強い不信感を持っていたため、その上っ面だけをながめ、お釈迦様が本当はどのようなことを説いておられたかについて見向きもしなかった自分を省み、それではいけないと感じるようになりました。

 仏教にしても宗教と名のつくものは、分派する傾向があり、教えの本質がつねに歪められる可能性があります。 

 私の場合、特別な宗教に入信するとかという気もありませんが、自然・人間界の幸せを増進させる本当の教えについては、自然に心が惹かれます。

 また職業柄、心と身体の病について考えたり、そのような問題や違和感・ストレスがある状態から抜け出す道をつねに模索する必要性のなかにいつもあります。

 そんな中で、やはり求められる方法論とうまくいく実践という意味で、貪(異常な貪り)・瞋(異常な怒り)・痴(無知)から脱し、人間として人格を完成するという具体的な目的やあり方を示すお釈迦様の本来の教えは、その用件をすべて満たしていると思うようになりました。

 少しずつですが、本来の仏教が、私たちに何を教え伝えようとしているのかが明確になるにつれ、お釈迦様が、この現実においても幸せに生きるための概念や方法論、そして自ら身体的な死のときまであり方の模範を示された姿に、感動が沸き上がってきます。

 そして、お釈迦様に、少しずつでも、今の自分ができる範囲が限られたものであったとしても、近づいていきたいという思いが自然に起こります。

 また、お釈迦様が何を実際に行ったかを見ると・・・

 2500年前に、サンガという悟りを求める集団のなかで、何か問題があったときに、上下の関係に関わらず、全員一致の見解が得られまで、徹底的に問題と向き合うという“完全な民主主義”を実現されていた事実は、現代において、その土台や根本的な方針を検討し、それらの考えを満遍なく抽出し、活用していくことは道理にかなった方法であると思います。

 お釈迦様の存命中、インドはカースト制度という強烈なしばりがありました。 それにも拘わらず、このようなあり方が実現できたのは、各国の国王からも尊敬を集めていたことが伺えます。

 その他、テーラワーダ仏教では、仏像などを礼拝すること自体を禁止していたことや、様々な次元で神と崇められている存在からも、仏陀は尊敬されていたことにより、あえてそのような神々に対して仏教では、人間と同じように尊重するだけであり、あえて崇拝することをしなかったということも知りました。

 そのほか、現在、さまざまな心理的な病に苦しまれている方が増えてきていますが、そのような精神状態から抜け出すための緻密な方法論も備わっているため、個人的に、本当に学ぶ価値のある教えであると感じています。

 また、最近、発見したおもしろいこととして・・・

 仏教の四聖諦(シショウタイ)の原理が、現在の品質管理システムと類似し、無意識であるかもしれませんが、実際に活用されていることです。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E8%AB%A6

*******************************

PDCAサイクルとの関連性 [編集]

上記のとおり、四諦は本来仏教用語であるが、現在の生産管理や品質管理で採用される手法であるPDCAサイクルとの類似性が指摘されている。PDCAサイクルはISO 14001で標準化されている。[2] 対応関係は下記のとおりである。
滅諦:計画(Plan)
道諦:実行(Do)
苦諦:評価(Check)
集諦:改善(Act)
脚注 [編集]

  「諦」は通常「諦(あきら)める」と読み、仕方がないと断念したり、思い切ってその(良くない)状態を受け入れたりする、という否定的な意味あいで使われるが、本来の意味は「あきらか」「つまびらかにする」である。

*******************************

 なにはともあれ、相対的な次元、物質的な次元のなか、あるいは自然・法の中で、つねに問題を抱えている私たちは、幸せに生きるための正確で間違いのない指標を必要としているのではないかと、個人的に考えています。

 仏教が宗教であるため、人によっては拒絶反応を示される方もみえるとは思います。

 でも、お釈迦様が実際に説いた教えを改めて見直すことにより、本当の意味での幸せへの道を提供しているあり方は、私たちに最上級のモデルを提供してくれているのではないかと思います♪
スポンサーサイト

なにひとつ完全なものなどないと知ること

 なにひとつ完全なものなど、

 この世界をくまなく探しても見つからない・・・

 いつか完全な私になれるとか

 本当の自分に出会えると信じても

 それも見つかりはしないだろう・・・


 私という存在は、それを見つけたいと願う

 ありもしないものを探そうとしても、

 見つかるわけもない


 むしろ、そんなものは

 初めから無いことに気づいたとしたらどうだろう!?

 流れ続ける川のように・・・

 川が海へ帰るように

 水という物質の成分が変わるだけで、

 それは変化し続ける、とても曖昧なものでしかない


 私に名づけられた名前も、

 固定されてはいるが

 それとて、ただの固有名詞と呼ばれるもの

 ただの呼び名にすぎない

 
 曖昧なもののなかに

 確実なものを探そうとすることが

 渇望を生み出し、苦しみを生むことになる


 では、最初からなかった本当だとか、ニセモノの私というような

 概念そのものが

 初めから無かったのだと気づけばいい


 そのとき、

 私たちは本当の意味で自由になるだろう


 はじめから実体のないものに

 あたかも永遠の実体があるかのように

 希望をもつがゆえに

 苦しむなら、

 そのウソを見破り、

 ダマされなければいい

 
 これが夢から覚めることなのかもしれないね!

マンガからの学び♪

 今日は、少年マガジンの「Baby Steps」というテニス・マンガと、
 少年サンデーの「King Golf」というゴルフ・マンガを読み、
 すごいなぁ~って思いました。

 最近のスポーツ系のマンガは、最新のメンタル・アプローチが紹介されていたり、
 作家の深い洞察や心理描写があるので、すばらしいですね♪

 「Baby Steps」では、
 主人公が、
 聴衆を惹きつけるスター性があり、
 聴衆の応援を自らのパワーに変換してしまう対戦相手に対して、

 意識レベルでプレッシャーとして感じる要素を分析したあと、
 それを消し去ってからサーブを行う方法を試し、
 体は軽くなったけれども、サーブの精度が落ちてしまうシーンがあったり、

 今度はプレッシャーになる要素を少し残した状態でサーブを打つとか
 試合中におけるさまざまな試行錯誤について描写されていました。

 また「King Golf」では、どん底からスタートし、自分には技術が足りないことはわかっていても、未完成であるがゆえに、さらに進んでいこうという気持ちが湧きあがり、そのような力こそがたゆまぬ成長への「後押し」になることに主人公が気づくようなシーンがありました。

 最近は、ウィパッサナー瞑想を日常生活のなかで少しずつ試しています。

 呼吸を柱にして、一瞬一瞬、体に起こっている現象に対する気づき、精神・感情に対する気づきを深めていくのが、ウィパッサナー瞑想で行われる実践ですが、マンガの世界の中でも、西洋の心理学やウィパッサナー的な気づきがふんだんにもりこまれているなぁ~と感じました。

 ブッダの教えの中には、この現実の中に現れてくる、良いことにも悪いことにも執着しない、というものがありますが、勝負の世界ではそうは言ってられないのが実情ですよね。

 私たちは、肉体レベルにおいて勝負や競争の世界をどうしても体験せざるを得ない環境のなかに組み込まれています。 それらを決して避けて通れないなら、「この現実といかに向き合っていくか」や、「その中で感じるプレッシャーやストレスをどのように克服していくか」を様々なケースを知り、それを自分の体験にまで落としこんで学習することがとても大切だと思います。

 ここで私が考えていたことは、
 リラックスしていながら集中している状態についてです。

 身体は脱力していながら、
 意識は今この一瞬に起こっていることに
 深く気づいている状態です。

 緊張にも弛緩にもとらわれず、
 それがただ起こっていることに気づき続ける・・・

 身体の状態で今何が起こっているのかに気づいていながらも、
 それにとらわれず
 余計な思考や感情をつけたすことなく
 今行うことに直面し、淡々とこなす・・・

 というような姿勢や取り組み・・・

 これを人生の中でいつも練修し続けたなら、
 私たちは仏教僧と同じような
 深い禅定の状態を体験できるかもしれません。 

 マンガの世界の登場人物の心理描写や行動を通して、それを疑似体験することにより、その世界の中にあるアイデアを自分自身の日常にうまく取り入れていけると、これも一つの学びの手段だよなぁ~なんて

 思いました♪

*******************************

「本からの学び」

 生きるということは、喜怒哀楽のあらゆる感情体験をすることです。 それらをどのように受け止めて生きてゆくのかについての智慧を、古代の人たちは民話や神話というさまざまな物語に託して伝承してきました。 そこには賢者も愚か者も、優しい人も残忍な人も、父も母も、大人も子供も、村人も旅人も、王様も奴隷も、神や動物たちも、自然の中で生きてゆくあらゆる人や生き物を通して、生きるために人々が、人生にどんな意味を見いだしているのかを教えてくれます。 そこに語られたこと、語られていないことを通して、私たちはその時代や文化の構造を推察することができるのです。

 「呼吸による気づきの教え*井上ウィマラ著*佼成出版社」P112

またね♪(詩)

 やぁ、今までどうしてたんだい
 元気してた!?

 君のこと、気になっていたんだけど
 それなりになんとかやっているって
 思ってたよ。

 夢のために東京にいくんだって?
 何ができるかわからないけど・・・

 そんな期待と不安を抱えた
 君の言葉に、ちょっとイイナって思ったよ♪

 何ができるか、わからないけど・・・

 そんなあたりまえの言葉を聞いて、
 直球でそうだよねって
 言ってしまった(笑)

 なんかカッコイイ感じ
 でも現実はそうじゃなく終わりそうで
 ちょっと嫌な感じ、
 そんな不安定なとこに立っているところって
 こわいよね

 でも、それでも進もうって決めた君はすごいって思うよ

 なんとなく、そう思う・・・
 ボクには何もわからないけど・・・

 それが自分のことのように
 ちょっと嬉しい、
 ちょっといい感じ

 それじゃあね
 
 また♪

すべては私自身の狂気と向き合うために♪

 私自身についてですが、
 ここ最近の気づきは、
 私自身の中でとても深いなにかを感じています。

 それがどのような気づきかといいますと・・・
 私は自分自身のことをまともだと思ったことは
 じつのところ一度もありません。

 むしろ、「精神的にどこかおかしい・・・」と
 いうことに気づいていて、
 その狂気を見つめて、
 自らの狂気を捨て去りたい・・・と
 願っていると感じています。

 それに対して、
 『奇跡講座』やインドの聖者ラマナ・マハリシらの教えから、
 その狂気の正体が「自我そのものにある」ということを
 見きわめるに至ったと感じました。

*自我になぜ狂気が含まれているかということは、『奇跡講座』でも述べられていますが、自分と違う何かが存在するという分離の概念は、すべてとひとつであるという概念と相対立するものです。 ですから、この人間としての形と共にあり考える意識的な存在の状態においては、自分と違う何かが存在し続ける概念がなければ、物語を形成することができなくなります。 ですから、「私-自我」という概念は、形而上あるいは実在の状態-完全にひとつである意識状態-においては、私という分離した概念は存在する必要がないことになります。 ここに全か無の法則があるといえます。 つまり、完全な意識としての実在か、身体と無意識によってつくり出された夢-無-の世界を生きるか、という究極の選択があるということです。

 しかしながら、
 身体の中にある私の意識と無意識=自我は、
 人生の脚本、命をかけた破滅のゲームを継続させようとし続けます。

 これに対して、『奇跡講座』のレッスンを純粋に行うことで、
 自らの本質に出会い、
 大きな解放を得ることができる人もいると思います。

 でも、身体と共に存在している意識は、
 目覚めの体験後、光明を得たあとにも、
 その生が終わるまで継続し続けると思います。

 もちろん、目覚めの体験後、
 さらに継続した三昧の深い境地により
 心が滅しきられた人の場合は、
 自我に反応することもなくなっているかもしれません。

 私の場合は、目覚めの体験、啓示を一度体験しただけであるため、
 それが至福であることはわかってはいたとしても、
 この身体に戻った後は、
 その体験が幻想で、
 こちらの体験がリアルだと
 どうしても感じてしまいがちになります・・・

 『奇跡講座』のレッスンでは
 自我はない・・・
 自我を分析したとしても何もない・・・
 それは初めから存在していないのだから・・・

 という究極の結論を出してはいます。

 これは究極の救いでもあるとは思います。

 ですが、身体と共にある私は、
 実在の本質的な状態と、この空虚な現実との間で
 葛藤を持ち続けています。

 私はそのギャップを埋めたい・・・

 そのために今、学び続ける意味がある、
 そんな気がしています。

 最近は、形而上学的な教え-抽象概念(幸せ、とか言葉があっても、形としては曖昧な状態)から形而下における具体性への導線をひくことを目標にしています。(NLPでは抽象的な概念を具体的な形に落としこむことをチャンクダウンといいます。 私はこのチャンクダウンのプロセスの導線が切れていたというのも最近の気づきの一つです。)

 もちろん、
 幸せは形の中にあるものではなく、
 ある形を通して表現されるものですが・・・

 私たちの本質が、
 至福だとするなら、
 これらの形を越えた愛は、
 ここでも確実に表現できると思います。

 それを高めていくために、
 この形の世界のレッスンを
 楽しみながら、
 克服できたらいいな!
 なんて思います♪

*******************************

10月3,10,24、31日(第三日曜日をのぞく各日曜日)に
「アロマキネシオロジー・セミナー」を開催します♪

◎精神・感情的なストレスを抱えてどうしてよいのかわからない方。
◎体と心に不調を感じられている方。
◎ヒーラー、アロマセラピスト、セラピストを目指している方。
◎ヤングリヴィング社の精油をもっと具体的な感情解放のために活用されたい方。
◎キネシオロジーを学ばれたい方。
◎日本ではまだあまり知られていない精神・感情的なストレス解放技術を学ばれたい方、などに
 お勧めのセミナーです♪

「アロマキネシオロジー・セミナー」

セミナー会場-岩倉カイロプラクティック院

日時 10月3日(日)、10日(日)、24日(日)、31日(日)

時間-午前10時から午後5時

申し込み-0587-37-3996(志村まで)

「グーグル・マップ」

http://maps.google.co.jp/maps/place?hl=ja&rlz=1T4ADBS_ja___JP325&um=1&ie=UTF-8&q=%E5%B2%A9%E5%80%89%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E9%99%A2&fb=1&gl=jp&hq=%E5%B2%A9%E5%80%89%E3%82%AB%E3%82%A4%E3%83%AD%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E9%99%A2&hnear=%E6%84%9B%E7%9F%A5%E7%9C%8C%E5%8C%97%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E5%B8%82&cid=14351136895132268247


プロフィール

あきやんでぇ~す♪

Author:あきやんでぇ~す♪
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
FC2ブックマーク
FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1573位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
整体・カイロプラクティック
65位
アクセスランキングを見る>>
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
1573位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
整体・カイロプラクティック
65位
アクセスランキングを見る>>
月別アーカイブ
FC2チャット
Twitter...A

Twitter < > Reload

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。